ブログトップ

彩遊記

ogawakeiic.exblog.jp

モダンデザインを大雑把に俯瞰する1

バーバラ・スタフォード女史は、18世紀頃に書かれた膨大な視覚資料をもとに、“イメージング・サイエンス”という新しい分野を切り開く。彼女は視覚表現がもたらす“アナロジー”に注目し「ヴィジュアル・アナロジー」を執筆する。その本の中でアナロジーすることの意義を、遠くの飛び地、他の地方、あるいは、現代のさまざななコンテキスト、そのもろもろの間隙を結びつける新しい技術として提示する。

現在、近代化が作り上げた社会システム、あるいはモダンデザインが用意した社会のしくみやライフスタイルは、様々なところで破綻してきているが、その問題を解決するにはなにがあるのか。そう考えたとき、このアナロジー、モノやコトにあらたな対角線を引く“アナロジー的発想”にヒントがあるのではないか、と、つらつら思うようになってきた。

アナロジーとは、ズバッと言えば領域を横断し、トランスディショナリーな至高や新しい活動の可能性を秘めた方法のこと。

さて、話は一転。時代を巻き戻してみよう。
現在における株式会社や、保険システム、新聞などのメディアは17世紀末から18世紀初頭のロンドンで流行していたコーヒーハウスで生まれた。

いわゆる社交場であるコーヒーハウスには情報誌がおかれ、紳士たちは冒険家の話に耳を傾け、ビシネスになりそうなチャレンジに投資した。ここに目をつけたのが、ロイズ・コーヒーハウスの店主ロイズで、ロイズは投機熱を煽って紳士たちから資金をあつめ、投資家クラブを形成し株式会社の原型をつくった。これがロイズ保険の始まりである。コーヒーハウスには大量のチラシが置かれ、ペスト予防薬など、さまざまな広告と情報が飛び交った。

17世紀中ごろにヨーロッパ全土を巻き込んだ30年戦争がおわり、ようやく各地を自由に旅行ができるようになった頃の話しである。

それを背景にピクチャレスと呼ばれるヨーロッパで最初の本格的風景画が描かれるようになり、『ガリバー旅行記』や『ロビンソークルーソー』などの小説も誕生してくる。

同時に医学の進歩はこれまで目にすることのなかった身体内部を解剖図として可視化し、顕微鏡や望遠鏡の発達で、これまで知られなかった世界がどんどん開示されていく。

しかし、そのためこれまでの蓄積していた知の体系が混乱をはじめ崩れはじめた。従来の文脈ではとても処理しきれなくなる情報爆発!。そんなとき、知はどこへ向かったかといえば、様々な情報を縦横無尽にモーラする『博物学』である。ここまでが、近代化の初期段階だ。

この頃、とにかく混乱した知識の体系を、そして既存の仕組みを再構成する必要に迫られていた。

全体を鳥の目で俯瞰する『博物学』に対し、美術・デザインへの虫の目の嚆矢はどうしたかといえば、モダンデザインという思想へ向かう。モダンデザインは、地域や文化、階級などに左右されることなく、誰もが自由に自らの生活様式を選択できるデザインを理想とした。その理想とは、単に個々のモノをデザインするということではなく、混乱し機能しなくなった社会の仕組み全体を再構成する包括的社会プロジェクトでもあった。

とはいえ、冷静に見渡すと、すぐに自由な発想の新しいデザインが生まれるわけもなく、19世紀のデザイナーたちは歴史主義と呼ばれるかこの歴史様式を折衷したスタイルを提案している。(※文化大革命でボロボロになった中国の美術・デザインの発展経過、とくに90年代中国における建築デザインにそれと同じことが起こっている。)

そうした過去の遺産からまったく新しいデサインの方法を近代に生み出したのが19世紀末以降のイギリスでのウイリアム・モリスが主導したアーツ&クラフト運動、フランスを中心とした植物などの自然の形態を用いながらガラスや鉄などの新素材による造形の可能性を模索したアール・ヌーボーであった。

ウイリアム・モリスは、18世紀イギリスで産業革命が起こり、急速な機械化による大量生産の歪みとして製品の質の低下がみられた状況の中、手工芸の復興を主張し、質やデザインの向上に情熱を注いだその代表的人物である。(※彼はマルクスを信奉するコミュニストだった。このあたりおもしろい!)

彼の試みは、芸術と一般の人々の生活とを結び付けようとするもの。工芸デザイナー、画家、詩人、会社経営者、社会主義運動家と様々な顔を持ち、采配を振るった彼は、今で言う、ディレクターのような人物。近代デザインの創始者といわれている。

やがてウィリアム・モリスの試みは、「アーツ&クラフツ運動」へと発展していく。そして、その「アーツ&クラフツ運動」は、後のアール・ヌーヴォーやバウハウス、そして日本の民芸運動などに影響を与えることになる。

バウハウスが目指したのは『芸術と技術の統一』である。我々はつい、バウハウスに合理主義的、機能主義的なデザインをイメージしてしまうが、実際にはマイスター(親方)とレーアリング(徒弟)が共同で暮す生活の場でもあり、実際に手仕事を重視した。この点は日本民藝運動の理想するものも同じであった。

ただ、残念ながらドイツから大西洋を越えアメリカで展開されたバウハウスの方法は、『芸術と技術の統一』という理念を失い、機械生産的なデザインの方法論だけが一人歩きを始めていく。

すなわち、包括的な視点で社会の仕組みを生み出していく方法であったデザインが、単なる商品の外面処理に堕ちてしまった。

そのアメリカ的商業デザインの姿勢が戦後の日本にも伝わっている。

謝謝大家

引用・参考 DESIGN IT! w/LOVE
        松岡正剛・世界と日本の見方
[PR]
by ogawakeiichi | 2009-04-10 17:20 | 情報とデザイン
<< 鹿児島情報の歴史2 ミトラか、弥勒か、朱舜水。「ミ... >>