ブログトップ

彩遊記

ogawakeiic.exblog.jp

魚群のルール



ミツバチのルールとか、魚群のルールとか、アルゴリズムの振る舞いを自然界からぱくって、アイデアを移植できるってなかなかイイゾ。
以下、引用
日産自動車は、最先端IT・エレクトロニクスの総合展「CEATEC JAPAN 2009」に、「ぶつからないクルマ」の実現に向け、魚群のルールで群走行するロボットカー『エポロ』を出展する。

同社は2006年より、自動車メーカーとして唯一、CEATECに出展している。08年のCEATECには、ハチの行動解析にもとづく衝突回避技術を搭載したロボットカー『BR23C』を出展した。BR23Cはロボット単体で障害物を回避するものであったが、これを進化させ、群走行しながらぶつからないロボットカー、エポロを開発した。

開発にあたっては、海中の障害物を回避しながら、集団の中でもお互いにぶつからずに泳ぐ魚群の習性に着目し、その3つの行動ルールをエポロの走行制御に応用した。3つの行動とは、(1)衝突回避:仲間の魚とぶつからないように進行方向を変えようとする、(2)並走:仲間の魚との距離を一定に保つために並走しようとする、(3)接近:仲間の魚と遠すぎるため、近づこうとする、の3種類。

一般的に魚は、「側線感覚」と「視覚」により周囲環境を認識し、3つの行動ルールに従って魚群を形成する。エポロは、この「側線感覚」をレーザーレンジファインダー、「視覚」をUWB通信技術により実現した。《高木啓》
[PR]
by ogawakeiichi | 2009-10-29 09:54 | 情報とデザイン
<< 中村や 世界を変えるデザイン >>