ブログトップ

彩遊記

ogawakeiic.exblog.jp

いざ!

丸の内・松丸本舗ワキにて編集奥義を極めた面子でのプチ舜天講。我が日本とアジア史観を放つが、かって知るメンバーにリラックス。スピード口伝のアブダクションはカオスの淵で暴走したか?、、こちらには一旦ケリ。ミッドタウンのJAGDA参りを終えて帰鹿。

f0084105_16532771.jpg

      セイゴウちゃんねるより拝借/松丸本舗一番うしろはSP

アドバタイジングから距離をおき、プロダクトやシステム、アーキテクチャに魅せられるようになったのは、ものづくりの物語の濃厚さからくるものか。(歴史)ヒストリーは Hi・・Story。高みから物語をつくること。

自らの手を動かし身体と連動した場からの物語発信は、そこはかとなく立ち昇る香ばしさがある。総編集も本座にちかい。

一戦にはオラリティーも必須だな。

俯瞰網羅しての禅機をもっての一点突破。二番太鼓の乱打待ち。
前章モデルにこんなんもありですな。。もっとも、東アジア版だけど。

NIPPON VISION2 GIFT

NIPPON VISION

D&DEPARTMENT

IIDA

↓おまけ
新日本様式

日本は本来、自前のコードをもたない国である。
建築、造船、青銅技術も鉄の技術も大陸から教わった。
コードからモードにするとき「ふるまい」「もてなし」「しつらえ」を一緒に考えた。
ユーザーの振る舞い。設え。そして持て成し。
その三つには「間」というものが加わってくる。
キーワードは「ふるまい」「もてなし」「しつらえ」「間」そして「引き算と余白」。。。
[PR]
by ogawakeiichi | 2009-11-26 22:32 | 只記録
<< 日本ブランド ザクッと備忘録 >>