人気ブログランキング |
ブログトップ

彩遊記

ogawakeiic.exblog.jp

出雲系と日向系

さて、その【三輪山】を祀るのが【大神神社】だ。大神神社に祭られているのは、大物主大神(おおものぬしのおおかみ)だ。なんとこれは、蛇の神とされている
f0084105_22593064.jpg

その大物主とは?

それは、スサノオのあと出雲に登場したオオクニヌシともいわれている。

大物主は、一般にはオオクニヌシといわれているが...

“消された覇王(伝承が語るスサノオとニギハヤヒ)"を書いた、小椋一葉は大物主を【スサノオ】としている。

スサノオにしても、オオクニヌシにしても、つまり、大和朝廷が確立するずっとまえから、三輪山一帯を統括していた大物主大神という一族のリーダーがいたということになる。

三輪(現在の奈良県桜井市)には、神武が東征してくる以前にスサノオを祖とする出雲勢力が巨大な王権を確立していたのだ。

三輪山の御神体が、蛇であるとするのは、おそらく大物主大神が、マジカルな能力をもっていたからであろう。

また、「古事記」など、物語に仕上げるとき、出雲からやってきたこの一族との関係を配慮して、天皇一族はオオモノヌシとオオクニヌシ(あるいはスサノオ)を一緒くたにしてしまったに違いない。(神仏たちの秘密:松岡)

三輪山登山をしてみればわかるのだが、御神体である三輪山には磐座(イワクラ)が点在する。

このことから、もともとここで暮らしていた縄文人が崇敬したアニミズム(自然崇拝)の巨石信仰に、出雲系が上書きした可能性が高い。

そこへ、さらに遅れてやってきた神武の東征は、出雲系から「国譲り」というかたちで、さらに日向系へ上書きしていく。←しかし不思議なことは、日向から東征してきた神武と、出雲系はガムシャラに戦ってない。なぜだろう・・・

記紀を簡単に復習してみると、天孫族であるホノニニギは猿田彦らに導かれて真床覆衾(まどこおうふすま)にくるまり、日向の高千穂に降りた。

ホノニニギはその後、長屋の笠狭碕(野間岬)に赴き、さらに南九州の各地で子孫を落とすと、そのなかからヒコホホデミ(山幸彦)が衣鉢を継承し、その子にウガヤフキアエズが生まれた。さらにその子にイワレヒコが育った。これが『書紀』によって初代天皇とされたカムヤマトイワレヒコこと、神武天皇である。←これを、古来からの土地の支配者である【国津神】の対し、外からやってきた【天津神】という。

その神武が九州を出発して、瀬戸内海を渡り、今の大阪であある難波碕に辿り着き、そこから淀川をさかのぼって河内の草香邑(くさかのむら)に寄り、ついで竜田(奈良県葛城郡王子)へ向かおうとしたところ、あまりに道が狭く、生駒山に方向転換。
 
このとき、ヤマトにいた長髄彦(ナガスネヒコ)と一戦を交えるが、神武は太陽に逆らってヤマトにはいろうとしたことが間違いだったと、ルートを変え、紀伊半島を回りこみ、熊野からヤマトへはいることにした

そのとき、あらわれたのが八咫烏(賀茂氏)だ。

タギシミミノミコト(手研耳命)を先頭に、迂回して熊野からヤマトに入ることにした。神武の軍隊は、八咫烏に導かれ、熊野から大和へとはいるのだが、そこにはすでに支配者がいた。

その人物の名が、邇芸速日(ニギハヤヒ)である。このニギハヤヒだが、物部氏の祖といわれている人物だ。
物部氏は石上神宮の呪術を司る一族でもある。

スサノオーニギハヤヒ~物部氏という流れをさらに遡れば、朝鮮半島の新羅にいたる。

その後、物部氏は、仏教のヤマトへの導入で崇仏派の蘇我氏と抗争の末消えて行く。

蘇我馬子が物部守屋を河内の渋川(東大阪市)に攻め滅ぼしその戦勝モニュメントというべき建物が旧敵地のまんなかに建つ四天王寺である。

蘇我氏もまた、【今来の技人(いまきのてひと)】とよばれる朝鮮半島から出雲、そしてヤマトへやってきた渡来人である。※新羅系とも百済系ともいわれれる。

蘇我・物部の対立の背後には、両者の勢力争いのほかに、百済と親しい蘇我・大伴氏、新羅と親しい物部・中臣氏らの外国結合による相克がった。(松本清張・壬申の乱より辻善之助の説)

つまり、ヤマトは政局を背後から動かしていた渡来系の人々によって影響を受け、藤原京さらには平城京へと、国造りがすすんでいくのだ。
by ogawakeiichi | 2010-11-23 22:55 | 日本史&思想
<< デザイン思考 三輪山 >>