ブログトップ

彩遊記

ogawakeiic.exblog.jp

意識の編集

モチベーションとかテンションとかいわれているものの正体は、脳内物質の仕業なのだが、その脳内物質のスイッチを押すには技がいる。

しかし、その技をくりだす前に、技を使う対象や対象周辺を網羅する必要がある。

常日頃から立ち向かう対象をつねに総ざらいして総力をあげ大量のものを頭の中を一旦通過しなければならない。

準備する質と大量の情報を浴びて新しい未知の世界へ向かう構えをとっていく。

身体をそこに晒し、大量にモノやコトを通過させていく。これは、量が質に変わる相転移させるためでもある。

相転移するぎりぎりのところが既知と未知の境界である。

「コツ」とか「ツボ」とか、「腑に落ちる」とかは、ここの通過をどれだけやったかで訪れる。

自分の「わかる」と「かわる」を発見したければ、まずは質と量の単位を変えることである。

そこへ向かうレース感覚をつねに修得しながら向かっていく。

ハチャメチャになる寸前に落とし所(ゴール)を複数に増やし、つぎに余分なモノを引いていく。

その引き方はその日の周囲の空気感とか、前後の配置とかさまざまな調子で選択して、最後のところで準備をやめその場に望む。本番5分前の意識や感情が重要だ。


f0084105_6164432.gif

[PR]
by ogawakeiichi | 2011-02-23 06:06 | 身体性
<< 言霊鼓舞 都市のイメージ >>