ブログトップ

彩遊記

ogawakeiic.exblog.jp

スモールワールド

東日本での大震災以来、『偶然』とか『遭遇』という言葉が妙に気になっている。

これまでも大災害の報道があるたび、妙なことだが、なぜ自分が当事者ではなかったのだろうかと、天を仰ぎながら思うこともある。

インドネシア・スマトラ沖の地震では22万人、中国・四川省大地震では7万人が犠牲者となった。

四川省大地震は、たまたま少数民族の街をスケッチするため高山病に悩まされながら訪れたことがあった場所で起こった。

そのためか、犠牲者がはるかに多いスマトラ沖の地震に比べ四川省の地震のほうがより身近でより悲惨に感じられた。東日本の大震災はいうまでもない。

昨年中南米の島国ハイチで起きた大地震では死者30万人ともいわれているのに、日本ではすっかり忘れ去られている

話は一転するが、未来からやってくる偶然には、震災や交通事故の不条理もあるが、うれしい出来事もある。

学生時代、東京・目黒のアパートに住んでいた頃のことだ。

下の部屋に住む、当時早稲田の学生だったW君に誘われ、天体観測をした思い出を僕のブログにかいたことがある。

彼の名をブログに書くのは少々憚りながらではあったのだが、実はちょっと試してみたいことがあったのだ。

「6人たどれば、世界中のだれとでもつながる」という話を聞いたことはないだろうか。

ぼくらはいろんな機会に世界が意外と狭いことを経験してはいないだろうか。

偶然で複雑だと思われている世界も、観察してみると、じつは単純な法則で成り立っているのではないかという「スモールワールド」という仮説を試してみたくなったのだ。

この仮説によれば、世界人口の60億人は、たった6人の知人を通じてつながっているらしい。

つまり、知人の知人の知人の・・・知人には,オバマもエリザベス女王もいるし、石川遼も斎藤 佑樹も、携帯電話の白い犬までも誰かを介して繋がっているわけだ。

もちろん6人ではなく、もっと少なくなる場合もあるだろう。

多くの友人や知人をもつコネクター的な人や、繋がりたいという強い意志もった人であれば、すぐに繋がる場合もあるだろう。

もともと僕のブログ、公開はしてるものの普段は、だ~れも見ない。

偶然にブログを読んだ未知の人が、彼の情報をくれないかな程度の気持ちで書いたものだった。

学生時代の思い出をエントリーしてから実に一年後、「天体観測の好きなWさんと数年前まで一緒に働いていました」という書き込みがあった。

その一年後、ついに、とうとう本人からメールがあったのだ。

偶然と思われていることも、少しの意志でスモールワールドになりえることを感じた出来事だった。

もちろん上手くいくかどうかは天の采配だろけど・・。

今回の大災害でも、ネットを通じた偶然が織り成すスモールワールドで多くの人々か繋がったことだと思う。

↓ 以前のエントリー 記事ネタ元
複雑な世界、単純な法則
[PR]
by ogawakeiichi | 2011-04-30 18:47 | 南日本新聞コラム
<< National Geogra... 朧月夜 >>