ブログトップ

彩遊記

ogawakeiic.exblog.jp

サブリミナル・インパクト

f0084105_9482283.jpg最近はフェイスブックや、ツイッターで記録することが多くなり、このブログとは長いあいだ、ご無沙汰していた。

FBも、ツイッターも、ブログも散々にいじり倒したおかげで、それぞれのしつらえ、ふるまい方がなんとなくだが、わかってきた気分ではある。

なかでも、FBの友達やフォロワーを不特定大多数にまで増やす方法に限って言えば、、それに秀でた皆様方のやりかたを観察すれば、ふむふむなるほど・・になってくる。

容易いネットワークづくりのやりかたは、インチキブランドづくりの過程にも似ている。←あくまで方法論が似ているということです。

はじめは情報をなるべく伏せて繋がりを構築し、一定の人数までいったのちオープンにして、そこへ絶え間なくメッセージを投げかける。

そのメッセージは私たちの潜在脳に働きかけて、選択や意思決定にまで影を落としていく。

しかし、それは自覚にない。そのわけは、人間の意識下にある情動・認知系への介入は、意識レベルでは認識されないからなのだ。

コカ・コーラはあらかじめブランド名を知って飲むと脳のある部分が活動するのに、ペプシだとさほど反応しない。

ペプシは脳科学的にもブランド戦略に失敗している――そんな衝撃の研究が発表されたのは04年。

人は悲しいから泣くのではなく、泣くから悲しいのだ。何かを好きだから見る(選ぶ)のではなく、見る(選ぶ)からそれが好きなのだ。

人間の感情は、潜在的な情報処理が優先するかたちで発現するのであって、それが自覚(意識)されるのは、常に全てが起った後のことである。

あるいは、各種の情動はまったく自覚されることなくサブリミナルなまま私たちの生活を規定しているのであり、私たちは自己意志により各種の物事を決定しているようなつもりでいるが、実はほとんどのことを無自覚な情動に導かれるかたちで行っているのである。

こうした事実について認識しておくことは、音楽・映像文化の著しい発達や広告産業の激化が進展している現代においては、ますます重要になっている。

意識されない情動の領域に働きかけることで「快/不快」が生じることがわかっている以上、企業はそれに応じた巧みな広告活動や商品開発を実施する。

政治もまた刷り込みめいたイメージ戦略を駆使してくる。情報技術の進化により空前の「自由」を獲得しつつ、私たちは同時に他者の思惑通りに動かされやすくなっているという現状を、しっかりと自覚しなければならない

アマゾン読者書評より参考、引用あり
[PR]
by ogawakeiichi | 2011-07-25 09:50 | サイエンス
<< ニセモノとパクリ 記録 >>