ブログトップ

彩遊記

ogawakeiic.exblog.jp

メモ:新しい日本の創造1

メモ:新しい日本の創造M‐1

○日本が失った記憶、文化、スピリッツはなかなか再生できない。

○しかし、本来日本はそういうものを万葉の時代から歌ってきた。

○英語でぴったりとした単語はないのだが、しいていえばメランコリーか?

○たとえば、それは「うつつ」だ。「うつつ」は「うつろう」に変化する。そのおおもとには「うつ」(空っぽ)がある。

○日本は一つではない、一途で多様な日本なのだ。

○面影日本。ルーツ オブ ジャパンというものがあり、ジャパンマザーという埋めこまれたものその中に今の事態がのっかっている。

○ジョン・ダワーは「私たちが語れねばならないのは日本文化たちである。日本文化たち」と語り彼は、JAPANSという複数形で日本を表現した。

○わたしたちは、本来たくさんの「日本たち」を語らねばならないのだ。

○たとえば天皇と将軍。地方と中央。これらはともに自立していた。

○マネージメントも大切だけどイメージメントも大切だ。そのふたつを一緒にやらねばならない

○マトリックス オブ ジャパン。ジャパン マザーをつくる。それならどんなキーワードが出てきても問題は解決する。

○西洋世界はそのことをやってきた。いまグローバルスタンダードといわれているものはベネチア、ジェノバが世界というものを知っていった大航海時代。それが複式簿記を産んで貸方、借方が生まれ、一度アントワープへ移り、東インド会社をつくり、アムステルダムからロンドンへうつり、そこではじめてコンメンダ、コンパンダといわれるものがカンパニーとなり現在の金融を中心とした世界のモデルができていった。

○たくさんのコーヒーハウスができて、その中からロイドができてロイズコーヒーをつくって保険というものもつくり、たとえば、エクイティーという言葉が全部の歴史を呑み込んだ

○わたしたちは、現在それらを英語で、あるいは翻訳して使っているに過ぎない。

○日本人は日本文化の中に潜んだものを世界に発信する努力がたりない。

○日本は特殊だというものの、堺や福原や太宰府やヤマトや藤原4代がつくりあげたあるコンセプトを世界へ広げる努力をしていない。

○日本がやってきた「マトリックス オブ ジャパン」を、日本知、アジア知、世界知というコードをつかって組み立てることが必要だ。

○わたしたちの奥にあるものを取り出すと別のものと出会う。たとえば携帯ストラップというものを取り出すと、かつての「ねつけ」と出会いレゾナントがはじまる。

○たとえばミノリとイノリもそうである。ふたつはペアであるべきた。

○今日のTPPの問題はミノリからイノリが欠けている。本来、お米はミノリとイノリが一緒だったはずなのに・・・。
[PR]
by ogawakeiichi | 2011-11-10 12:45 | 只記録
<< 弥勒菩薩 「黄興」 >>