ブログトップ

彩遊記

ogawakeiic.exblog.jp

デザインとフィールドワーク

最近はデザイナーというより、文化人類学や民俗学みたいなフィールドワークの活動が多い。

デザイナーというとモノをデザインするように思われているが、モノをつくり、それを仕組み(コト)にのせ、インタラクティヴに人々の意識が交流していく世界を一貫して構築する行為をデザインと捉るわたしにとって、ベースをつくるため立ち上げ期において情報をインプットする観察はとてもたいせつな時間である。

そのため文化人類学や民俗学のようなフィールドワークのような時間が多くなってくるのだが、。。

地域ブランドはその土地をながれる歴史の文脈につなげて新たな物語りをつくっていくことが肝要だ。そうでない限り、その土地から立ち上がりその土地に根ざしたブランドにはなりにくい。

この時間が不足するとテンプレートにあてはめた金太郎飴。一般的にデザイナーはこの部分が全く弱い。←観察もないコンサルや代理店、印刷会社の営業の介在、またクライアントと合うのを面倒とするデザイナーなど。

場に固有のモノやシステムを構築する上で仮説をたてデザインしていくにはフィールドワークは重要な時間なのだが・・。

さてさて、現在徐福伝承のあるいちき串木野市において【パワースポットいちき串木野】というコンセプトを強化のため、1年に渡るフィールドワークが終わりつつある。そのレポートから・・



まずは、徐福を知らない人のため、むちゃわかりやすい 奈良文化財研究所 飛鳥資料館倶楽部から、まるごとコピペ。

徐福伝承とは
================
今から2200年前,日本が縄文時代から弥生時代へと変わろうとしていたとき,秦の時代の中国に徐福(じょふく)という人物がいました。実は徐福は長い間中国でも伝説上の人物でした。

しかし,1982年,江蘇省において徐福が住んでいたと伝わる徐阜村(徐福村)が存在することがわかり,実在した人物だとされています。そして,徐阜村には石碑が建てられました。驚くことに,その村には現在も徐福の子孫が住んでいます。代々,先祖の徐福について語り継がれてきたそうです。大切に保存されていた系図には徐福が不老不死の薬を求めて東方に行って帰ってこなかったことが書かれていました。

 徐福は始皇帝に,はるか東の海に蓬莱(ほうらい)・方丈(ほうじょう)・瀛洲(えいしゅう)という三神山があって仙人が住んでいるので不老不死の薬を求めに行きたいと申し出ました(司馬遷の『史記』がもとになっている)。この願いが叶い,莫大な資金を費やして一度旅立ちますが,得るものがなくて帰国しました。何もなかったとは報告が出来ず,この時は「鯨に阻まれてたどり着けませんでした(台風を大鯨にたとえたのかもしれない)と始皇帝に報告しました。そこで始皇帝は大勢の技術者や若者を伴って再度船出することを許可しました。

 若い男女ら3000人を伴って大船団で再び旅立つことになりました。そして,何日もの航海の末にどこかの島に到達しました。実際,徐福がどこにたどり着いたかは不明ですが,「平原広沢の王となって中国には戻らなかった」と中国の歴史書に書かれています。この「平原広沢」は日本であるともいわれています。実は中国を船で出た徐福が日本にたどり着いて永住し,その子孫は「秦」(はた)と称したとする「徐福伝説」が日本各地に存在するのです。もともと徐福は不老不死の薬を持って帰国する気持ちなどなかったかもしれません。万里の長城の建設で多くの民を苦しめる始皇帝の政治に不満をいだき,東方の島,新たな地への脱出を考えていたかもしれません。徐福らの大船団での旅立ちは一種の民族大移動かもしれないのです。

 中国には,徐福=神武天皇とする説もあって興味深いものです。徐福は中国を出るとき,稲など五穀の種子と金銀・農耕機具・技術(五穀百工)も持って出たと言われます。一般的に稲作は弥生時代初期に大陸や朝鮮半島から日本に伝わったとされますが,実は徐福が伝えたのではないかとも思え,徐福が日本の国つくりに深く関わる人物にも見えてくるのです。

 日本各地に徐福伝説は存在します。実際はどこにたどり着き,どこに居住し,どこに行ったかはわかりません。もちろん,徐福という人物の存在を証明する物は何もありません。しかし,徐福の伝説地はあまりに多いのです。徐福という名は歴史の教科書にも登場しないので日本人にはなじみがありません。実在したかどうかもわからない人物を重要視しないのは当然かもしれない。今から2000年以上も前のことなのに,江戸時代にあったことかと思ってしまうような話として伝わっているものもあります。語り継がれる間に,背景となる時代が混乱してしまうのです。でも,それでも許せてしまうのは,歴史的事実よりも歴史ロマンとして大切にしたい気持ちもあるからかもしれません。徐福は確かにいたのです。それでいいのです。数多い伝説地の中で,佐賀県,鹿児島県,宮崎県,三重県熊野市,和歌山県新宮市,山梨県富士吉田市,京都府与謝郡,愛知県などがあります。( 奈良文化財研究所 飛鳥資料館倶楽部)
==========


と、いうことで、きょうはここまで
[PR]
by ogawakeiichi | 2012-01-14 06:24 | 情報とデザイン
<< 新年好 宇宙を叩く >>