人気ブログランキング |
ブログトップ

彩遊記

ogawakeiic.exblog.jp

身体感覚

f0084105_4552569.jpgあるスポーツの緩やかなチームのトレーニングに参加した。

とはいっても桜島マグマ駅伝準優勝のメンバーを中心とするトライアスロンのグループなのだが、ワタシの場合、そんなレベルにろうという思いはない。

というより、年齢的に身体がついていけないのだ。ただ、マラソンを少なくとも4時間切りを久々にしたくなり、以前のトライアスロン師匠の門を叩くことにした。

なぜ再びトレーニングを再開したかといえば、駅伝を走ってみて体力の衰えの痛感だ。以来、筋トレを開始して半年が経過、身体はすこぶる調子がいい。

しかし長距離のマラソンとなると、師匠につくことはとても重要である。

なぜなら、そこには師の記憶にある様々な場面や様々なタイプの人間を想定した方法が満載しているからだ。

自分の身体を流れていく時間に合わせ改造していくための指導者がいるということは心強い。

齋藤孝は、著書『身体感覚を取り戻す』のなかで、とくに、立つ・歩く・座る。こうしたことは、日常的な行為の姿勢の大切さを説く。

しかし、きちんとした姿勢で長時間すわったり、あるいは立ち続けたりすることは、それほど容易ではない。

我が師匠はまず背筋をみて身体の歪みを指摘、次にランの手の振り方についてのクセを的確に指摘した。これは自己トレでは到底気がつかない。

自然体と言う言葉を聞いたことがあると思うが、自然体とはしっかりと地に足がついており、その大地との繋がりの感覚が腰と肚につながっている。上半身の無駄な力は抜けていて、状況の瞬時の変化に柔軟に対応できる構えになっている。

武道・芸道においては、その人の立ち方を見ただけで力量をある程度推し量ることができるとも言われている。中学、高校時代剣道をやっていた頃、構えを見ただけで勝負はついた。

自然体の中心をなすのは腰と肚である。かつての日本人は腰と肚に対して意識を払っていた。

自然体は、なんとなく立っているのではなく、強靭な足腰によって支えられているのだ。
by ogawakeiichi | 2012-05-25 16:37 | 身体性
<< 旅で多様な価値を知る 指宿トライアスロン >>