ブログトップ

彩遊記

ogawakeiic.exblog.jp

南日本新聞コラム・大山子芸術区

f0084105_1216327.jpg北京に来るたびに一枚モノの地図を買う。
はじめて訪れた十数年前、その地図に描かれた範囲は、北京のド真ん中に位置する天安門を中心に、ごく限られたエリアだった。 

ところが、訪れるたび新しく買い求めた地図では、北京をグルリと囲んで走る環状道路がまた一周、つぎに買い求めたときにはその外側にまた一周と完成し、新しい地図に追加されていく。
それに反して、地図に書かれた地名の文字と道路の幅は、徐々に小さく狭くなっていく。老眼なのは大目に見ても、最近の北京地図は、スッキリくっきり読めなくなってきた。まだまだ街が変化し拡大しているってことなのだろう。

9月中旬、ひさしぶりに北京へと飛んだ。北京の街は、あいかわらず街中がクレーンだらけでほこりっぽい。

北京で用事が済むと、毎回必ず訪れている場所がある。ぼくがずっとウォッチングしてきた場所でもある。

そこは、中国現代アートの発信地「大山子芸術区」と呼ばれている。
4年ほど前は、広い工場の敷地に数件のギャラリーが点在するだけだった。
ところがどっこい。いまではギャラリーはもちろん、デザイン事務所、広告代理店、おしゃれなカフェや日本料理まであるレストラン、そして作家のアトリエがぞくぞくと出来てきた。 ギャラリーやアトリエに住居を構える人もいる。工場敷地が広いので、短時間じゃとても回りきれない。
急激に変わっていく現代中国を、それぞれの手法で表現し、徐々に、世界の注目を集めはじめた中国の現代アート。ここは中国人より欧米系のギャラリストに人気のある一風変わった一大アートエリアに変貌してきた。

美術仲間じゃ、ここを呼ぶとき「大山子芸術区」より、「798」の方がとおりがよい。この場所が、かつて国営の軍事・電子機器などをつくっていた「798番工場」だったからだ。その後の開発計画で、この工場敷地は、徐々に空き家が増えてきた。家賃の安さと空間の魅力に目をつけたアーティストがたちまちに集まってきた。

作家を支える代表的なギャラリーは「798」と「北京・東京芸術工程」。ふたつはレンガ造りでドーム型の格納庫のような空間にある。天井には、工場が稼動していたとき書かれた「毛主席万歳」のスローガンがいまではアート?となってそのまま残る。ちなみに「北京・東京芸術工程」のオーナーは日本人だ。

「大山子芸術区」の敷地にそびえる煙突からは、まだ操業している工場の真っ白い煙がもくもくと上がっている。外壁にそって引かれたパイプの継ぎ目からは、ときどきシューという激しい音を立て蒸気がもれている。ひとけのない薄暗い廊下の奥から、機械の音だけが響いてくる。そこにギャラリーやアトリエが点在する。「千と千尋の映画みたいなところだなー」と、誰かが比喩した。確かにそんなところだ。

最先端の中国現代アートは、そんな、摩訶不思議な空間から発信されている。
[PR]
by ogawakeiichi | 2006-09-28 12:18 | 南日本新聞コラム
<< 園林設計 『清明上河地図』 >>