ブログトップ

彩遊記

ogawakeiic.exblog.jp

中華のナショナリズム



新儒学は、自己愛から家族愛、郷土愛をグングン広げて国家愛から大一統への道を説く。出発点である自己愛は、天性の如く一般の中国人なら誰もがもっている。なかには自己愛だけで生きているようなヤツも大勢。。。いやほとんどが自己愛のカタマリだ。

自己愛→家族愛→宗族愛→郷土愛まで、中国人の愛は比較的強い絆で繋がっている。しかし、郷土愛→国家愛との界には、愛の抽象度を隔てる「高い、高い壁」が存在する。

古代中国農耕社会において、国という概念は希薄だった。一族の神を祭る拠り依の周囲に一族の集団が、ポツンポツンと住んでいた。大海のような大陸で、拠り所としていたのが「社稷の壇」を中心とした農本主義、血統主義、系図主義である。それは現在も根強く郷土愛のミームとして残っている。

家族愛・宗族愛は、自然発生的に生まれた相互扶助の関係だ。家族愛・宗族愛と国家愛の間のに「高い、高い壁」が存在するのは、国家と直接は利害関係のない民であることが起因する。国民の80パーセントである農民はそれに近いと思われる。だからこそ、国家はバラバラの砂のような民に向け、愛国教育という仕掛けが必要だった。農村へ行くといまでも壁にかかれた文革の名残のスローガンや一人っ子政策スローガンを見ることができる。抽象度の違う郷土愛と国家愛との隙間を埋めるものとして、愛国教育が必要になってきたわけだ。

中国で賄賂が多い理由として、日頃、無関係な国家とどうしても関係をつくらなければならないとき賄賂があるという考え方がある。日頃、関係な無かったものに対し礼を尽くすということでもある。

国家愛のナショナリズムを喚起する方法は副教材や国語に出典される物語、マスメディアと色々だ。

皇軍(日本)対解放軍(共産党)をテーマにしたテレビドラマから、反日仕立てのコメディーに至るまで様々なかたちであわられる。とくに江沢民時代は、毎日どこかのチャンネルで見ることができた。
しかしこれを反日というのかは議論の余地がある。この点で中国人と幾度も論戦した。

中国人曰く、反日として限定した存在は無く、歴史的事実を忘れないための愛国教育だという。

反日を愛国に置き換えるロジックにしか見えないのだが、日本による対華二十一カ条の失敗と、その後の長城を越えての暴走さえなければ・・それに加え、地上戦というリアルな敵対状況の経験記憶は、しっかりと次の世代に語り継がれている。

中国では、これらが中国人の日常の風景として存在する。

ビデオ屋のおねえさんに、最近おもしろいビデオない?と尋ねた。僕が日本人だと知りながら、まったく悪気なくこれは面白いよ!と抗日モノをと勧めてくれたりする。、テレビで放映される、日本軍と共産軍の闘いも、彼らにとって玉と善玉の戦いとして愉しむいわば、デストロイヤー対ジャイアント馬場の試合のような見方らしい。だから即、日本人このヤロ~と攻撃の対象になる訳ではない。

しかし、こうしてメディアを通じナショナリズムのアンカーは無意識のうちに大衆に埋め込まれていく。

ナショナリズムは《公定ナショナリズム》と《大衆ナショナリズム》に分けられる。

《公定ナショナリズム》バラバラに発散する大衆を、公のもとへ収束させる。その収束に愛国教育を使用する。

《大衆ナショナリズム》は大衆から沸き起こる感情的な愛国心のことである。責任のない大衆がモンスターとなり暴走する危険性も秘めている。ナショナリズムの世界では、より過激な見解が正しいものとなるので、扱い方はやっかいだ。中国政府は、最近でもカルフールへの反仏デモで大衆のナショナリズムの扱いに四苦八苦したようだ。

05年の反日デモは日本の常任理事国入りを阻止したい中国が《公定ナショナリズム》でのトリガーを引き、《大衆ナショナリズム》に植込んだ愛国のアンカーを刺激して反日デモは起きたと見てよい。

当時、ぼくの住むエリアで反日デモ発生と報道され日本からのメディアの電話取材が煩かった。

じつはそのとき《公定ナショナリズム》側の公安が《大衆ナショナリズム》から我々を守ってくれた? 茶番劇だ。

でもそこにいた公安警察官が《公定ナショナリズム》の仕掛けなど知る由もない。上からの指令で来ただけだ。

当時の反日デモは結果的に《日本・大衆ナショナリズム》を刺激し。小泉元首相はそれに乗っかり今後は《日本・公定ナショナリズム》の靖国カードを使っていく。大衆の空気は徐々に嫌中へとなっていく・・。その後は、ブッシュと仲良しこよしだ・・、これも茶番か?

いまでは、反中の同調圧力さえ存在してきた。

しかし、日本よ、これでいいのか。

中国大衆に深度のある愛国心は存在するのか。

中国の政権に真の国家愛は存在するのか。

国際金融資本をバックにした米英のインテリジェンス戦略は断然うまい。
[PR]
by ogawakeiichi | 2008-05-08 14:38 | アジア史&思想
<< 数の宇宙観 中華と周縁 >>