ブログトップ

彩遊記

ogawakeiic.exblog.jp

カテゴリ:千夜千冊追随記( 6 )

正剛追随記・文化大革命と現代中国

f0084105_16223427.jpg

文化大革命とは1966年から1976年まで10年間にわたって吹き荒れた中国のプロレタリア社会文化運動のことである。といっても、わかりにくい。

文化大革命の時期、ぼくは11歳から21歳ということになる。中学生のころNHKのテレビで毛沢東語録を、ぼくと同じ年代の連中が熱狂的に振り上げている場面を何度かみた。
深夜放送を聞こうとラジオをチューニングしていると、北京からの日本語放送がものすごい音量で、聞こえてくる。出だしは、決まって「日本のみなさま、同志のみなさま、こちらは北京放送局です・・」で始まっていた。

中国ってなんでこんなに熱狂してるんだろうと、思っていた。

この熱狂が文化大革命で、毛沢東語録を振り上げていたのが紅衛兵だった。
この時期、中国は共産主義の真っ盛り。しかし内部のリーダーたちは、権力闘争の真っ最中だった。権力闘争の構図は「毛沢東・林彪」×「劉少奇・鄧小平」の対立だ。

ところが、その後は林彪によるの毛沢東暗殺指令が発覚し、さらに毛沢東婦人の江青らの4人組が台頭暗躍して、四分五裂のぐちゃぐちゃ状態になる。ぼくが、中国で10年仕事をしていて思うのだが、どーも、みなさん、いまでもぐちゃぐちゃがお好きなようだ。ちょっとはなしが逸れた。

1976年10月にこの江青を中心とする4人組が逮捕され、この中国全土を吹き荒れたしょう紅熱のような文革の嵐も収まった。最後に江青が“悪者”の代表ということになってしまった。

文革終焉の直接のきっかけは、江青逮捕の1ヶ月まえ、1976年9月に毛沢東が死んだからだ。毛沢東が生きているあいだは、だれもこの文革をとめられなかった。
それだけ、毛沢東にカリスマ性があったということだ。

4人組逮捕とその裁判のあと、文化大革命は「歴史議決」されて、全面的に失敗だったと否定された。10年のしょう紅熱だった。
これが、だいたいの大筋であるが、この文革の時期にはさまざまな動向が絡んでいた。
さて。このしょう紅熱は、どうやってはじまったのか。
f0084105_1623122.jpg

1951年に毛沢東が、映画「武訓伝」を階級調和?をはかる軟弱なものだと批判したのが、ごく初期の文革(しょう紅熱)の兆しだった。
しかし、このとき毛沢東の唱えたすローガン「百家斉放・百家争鳴」は、誰もが自由な批評活動をしようという「文化の自由」スタートでもあった。

そのころ世界の共産主義2大国家であった、中国とソ連の関係が険悪になり始める。「継続革命論」という大きな共産主義社会のための大路線の解釈の違いだ。
互いに新たな方向を提示するところまで行っていた。

世界情勢と中国国内の権力闘争とが、微妙に絡み合う。
どんどん複雑になっていく文化大革命である。もつれた糸を解きほぐすようにゆっくりほぐしていこう。
下へつづく・・・
[PR]
by ogawakeiichi | 2006-10-15 16:24 | 千夜千冊追随記

正剛追随記・文革大革命と現代中国2

文革大革命と現代中国2
さきに手をつけたのはソ連のフルシチョフで、1956年に激烈なスターリン批判をおこない、これで過去を一掃したソ連は東欧。中欧に大胆に介入し、ハンガリー事件を起こす。ついで、アメリカと対抗する方針でいた。スプートニクをとばしたのも、米ソ決戦への布石になっていた。この布石はのちのキューバ危機まで進む。
f0084105_16145044.jpg

一方中国は、毛沢東が「百家斉放・百家争鳴」のスローガン、いわゆる自由に批評活動をしようというのだから、これは、党中央がそうとう強力でなければならない。下手をすると矛先が自分のほうに向いてしまう。毛沢東は他方では「民主集中」を訴え、その方法として「継続革命論」をぶちあげた。これで中央をしめ裾野をひろげようというシナリオである。トロツキーの永続革命論を思わせるこのシナリオは、まともにもこれを受ければ、つねに武力も厭わない
革命路線をどんなちいさなところでも起こしていこうというふうにも解釈できる。とくにこれに答えたのが林彪で、1960年からは、党内外における毛沢東思想の学習運動を推進することを決定した。いまからおもえば、すでにここにおいて中国は「愚民政治」への第一歩をふみだいていたのだろう。

事態は予想外の展開へとなっていく。アメリカの駆逐艦がトンキン湾で北ベトナムの魚雷艇の攻撃を受け、これに米軍がベトナム沿岸警備艇を撃沈した事件だった。これで北ベトナムと友好関係にあった中国に緊張がはしる。それが国内のひきしめと世界大広報を必要以上に過激にさせていった。10月毛沢東は核実験をする。当時、ぼくの母が、雨が降ると、「放射能が降ってくる、あたまが禿るよ」、と散々聞かされた。そのとき母の言うことを聞けばよかった。今では随分あたまが薄くなってきた。

こうして、文革の火ぶたが切っておとされた。過激であつくて、目にもとまらぬ高速をもって中国全土を変えていった1966年である
f0084105_16152977.jpg

1966年2月、林彪の委託を受けた江青らは初めて、「社会主義文化大革命」の用語をつかった文書を作成。これをもって、ブルジョワ体質の持ち主の摘発にのりだす。科学院長になっていたか郭沫若が自己批判させられ、反党派が次々と罷免させられた。5月には北京大学哲学科の講師たちによる陸平学長を激し文化く糾弾する壁新聞「大字報」が貼り出され、これに毛沢東が「中国におけるパリ・コンミューンの宣言」にあたるという支持声明を出す。

ほぼ同時に、腕に赤い腕章を巻いた紅衛兵が登場し、のちの四人組の温床となった「中央文化革命小組」が、成立。人民日報はプロレタリア文化大革命の文字を躍らせた。毛沢東はまたも、清華大学付属中学校の紅衛兵に対して有名な「造反有理」という言葉をつかっての激励をした。これらが引き金になって、一挙に文化大革命となったのである。

あとはもうとまらない。8月には「十六条」とよばれる文革の方針が決定され、1週間後には天安門広場に100万人の紅衛兵隊があつまった。こうして全土に「走資派」狩り、ブルジョワかりり、反動狩りがおこった。著名な大学教授が“妖怪変化”の名札を首からぶらさげられて街を引き回された。これらを実行していったのが、紅衛兵である。

下へつづく・・・
[PR]
by ogawakeiichi | 2006-10-14 15:42 | 千夜千冊追随記

正剛追随記・文化大革命と現代中国3

紅衛兵は「紅5類」から選ばれた。これは労働者・農民・兵士・革命幹部・革命烈士を指した。
これに対して、「黒5類」は旧地主・旧富豪・反動分子・悪質分子・右派分子を指す。

林彪は紅衛兵運動拡大のためにこの黒5類を抱きこむ方針をとった。あえて呉越同舟の政策をとることで互いに目を光らせてちょっとでも毛沢東の意にそぐわない者は切り捨てるという大同団結である。その代表が、清華大学に結成された井岡山兵団である。江青が指揮した。

こうして1967年上海一月革命になる。これは紅衛兵と学生が、上海市党委員会を攻撃し、赤衛隊と流血武闘をくりひろげ勝利、上海工人革命造反総司令部を樹立した。

その間、上海は無政府状態になったのだが、毛沢東はこれを絶賛。文革に軍部をいれることを決める。これでわかるように文革はコミューン賛美なのである。というより学生や紅衛兵たちは世界史上はじめてコミューン都市が出現することを夢見たのである。

けれども、人民公社は次第に腐敗。その堕落した幹部たちを批判する造反有理派が台頭し、しだいに武闘派紅衛兵が幅をきかせ、もうどうにも止まらない。

文革が大きな転換を迎えるのは、林彪が、軍部の最高権威、国防大臣になって武闘派紅衛兵を半ば仕切り、半ば弾圧するようになってからだ。

林彪は国家主席になりたかった。

国家の危機というものは、こういうときに限って、必ず内外の事件によってスパークするものである。またもや、外圧事件が起こったのだ。

1968年ソ連軍を主体とするワルシャワ条約機構軍が、チェコに侵入。チェコの指導者層を一掃する。この事態は社会主義国にとっては安閑としておられない、いつソ連がやってくるかビクビクものである。

中国にとっても黒竜江の中洲にあるダマンスキー島にソ連が進入。

中国の国土を守るのは林彪に任務だ。林彪はむすこの林立果に空軍の支配権をあたえ、対ソ作戦を立てた。最終的には上海、南京、広州に秘密組織、連合艦隊を組織する。

これは、毛沢東にとっては、不穏な動きだった。そのころ林彪はナンバー1になりたがっていた。
ナンバー1の地位といえば、もちろん毛沢東だ。

すぐさま毛沢東の知るところとなった。
毛沢東・周恩来は、この林彪に対しソ連との摩擦を回避する別のシナリオを実行する。
それは、1970年、周恩来が北朝鮮に行き、金日成と会見。日本の軍国主義的傾向を批判しておきながらピンポン外交を展開して対米関係の回復をねらう。これをもってソ連に対抗しようとしたのだ。そのとき、暗躍したのがキッシンジャーだ。

これでは、林彪のソ連・アメリカと一戦を交える覚悟も水の泡。ここから事態は急転直下。

林彪。葉群(林彪夫人)は、ニクソンの訪中が発表された2ヵ月後、毛沢東暗殺を計画し、
武装クーデターによる国家転覆の秘密作戦にでた。

しかし、最初の暗殺指令は毛沢東の知るところとなりかろうじて逃れた。
2度目の暗殺指令は周恩来の知るところとなり、かくて林彪は陰謀が発覚したことを知って国外逃亡を企てる。ところが、ところがである。この林彪を乗せたトライデント機がモンゴルで墜落してしまったのだ。

このあとはもはや、文化大革命とはいえない暗黒の権力闘争だけがつづく。
ともかく林彪のような反動軍事グループを生み出してしまった体質を、中国は世界に向けてたくみに正当化しなければならない。

これをやろうとしたのは周恩来だが、彼の努力もむなしく、江青らの四人組は林彪を批判するのに孔子をもちだすという「批林批孔」運動を展開しはじめた。むろんこんな批判運動がいくはずがなく、紅衛兵もこのあたりで切れてきた。

さすがに毛沢東もたまりかね、ついに4人組をやんわりと非難しはじめた。もはや、夫人の暴挙を黙殺しておくわけにはいかなかったのだ。

しかし毛沢東の判断は遅すぎた。しかし、これをきっかけに従来反動分子扱いされていた重鎮たちが復帰することになった。とくに鄧小平の復活が大きかった。

サルトルからYMOまでもまきこんだマオイズム。いまはだれも毛沢東を称揚しなくなったマオイズム。いったいあれはなんだったのか。
松岡正剛千夜千冊より
[PR]
by ogawakeiichi | 2006-10-12 10:28 | 千夜千冊追随記

正剛追随記/マルセル・デュシャン


現代美術を語る上で、どうしてもはずせない人がいる。
マルセル・デュシャンだ。

中国の美術教科書にも必ず登場するものに、「泉」がある。
デュシャンを中国語では“杜尚”と書くのだ。

「レディ・メイド」とは、デュシャンが発案し名付けた言葉だ。
彼は百貨店の商品を選んで美術展に出品することも、
パレット上の絵の具を選んでキャンバスに置くことも同じことだと語った。
日用品等の量産された既製品を芸術家が「選び」、美術品として提示した物だと言った。


f0084105_1323160.jpg1917年デュシャンは、彼自身が委員を務めるニューヨークのアンデパンダン展に、R.MUTTという偽名で「泉」を提出、事実上展示拒否にあう。美術史上最も有名なレディ・メイド「泉」と題された男性用小便器である。『泉』と名づけた作品は誰もが理解をしなかった。しかも、わたしは何もしていないと、言い続けた。自転車の車輪を並べたり、ガラス瓶(この中に入っているのはパリの空気)を作品として出展したこともあった。

ディュシャンは「創造」という言葉を嫌っていた。もっとも美しいものは「運動」だとみなしていた。
青年期に心を奪われたのは、ガス燈の光とジュール・ラボルグの詩とマチスの4次元だ。

デュシャンは「大衆との交流」をバカにしていた。それ以上に「芸術家との交流」をバカにしていた。外出も嫌いだし、美術館や展覧会へはほとんど出かけない。

デュシャンが重視していたのは、おそらくは、つねに「あらゆる外見から遠ざかっていたい」ということである。

デュシャンが嫌いなのは「網膜的な評判」にとらわれて社会が律せられていることなのである。
絵画を捨てたのもそのせいだった。

デュシャンのもっとも特徴的なことは知識を勘でしか、解釈しないところにある。解釈というのもあたっていない。これは実のところけっこう多くのすぐれたアーティストに共通していることなのであるが、デュシャンはこれが特に冴えていた。科学の芽で言えばほとんどでたらめであるが、4次元に関してはもっと冴えていた。

なぜ、この程度のことがデュシャンを支えられていたかといえば、デュシャンは人間の生き方を見分ける目、とくにニセモノを見分ける目をもっていた。また、他人の評判から逃れる方法を知っていた。

以外にこういうことが人生を救うこととなるみたいだ。

●マルセル・デュシャン(Marcel Duchamp, 1887年7月28日 - 1968年10月2日)はフランス出身でのちアメリカで活躍した美術家。20世紀美術に決定的な影響を残した美術家である。画家として出発したが、油彩画の制作は1910年代前半に放棄している。チェスの名手としても知られる。ローズ・セラヴィ(Rrose Selavy)という名義を使ったこともある。なお、2人の兄、ジャック・ヴィヨン(Jacques Villon, 1875年 - 1963年)とレイモン・デュシャン=ヴィヨン(Raymond Duchamp-Villon, 1876年 - 1919年)も美術家である
松岡正剛『千夜千冊・フリー百科事典『ウィキペディアより引用あり』
[PR]
by ogawakeiichi | 2006-06-15 13:05 | 千夜千冊追随記

正剛追随記/呉澤森『鍼灸の世界』


呉澤森
『鍼灸の世界』
2000 集英社新書

肩の痛みがひどくて、パソコンのキーボードを触れない日が続く。痛みは次第に左腕に移ってきた。桂林中医の針灸に通うが結果は今のところあまり芳しくない。もともと、中国医学では表に表れた自覚的症状を“標”といい、その根本原因を“本”という。“標治”は対処療法で、“本治”は根治療法のことだ。中国では西洋医学の“標治”に対しのて、針灸や漢方を“本治”とも“中医”とも言う。ぼくの場合、いま“針”をツボに当てている。いわば、あたりをつけてこれから本格的な治療にはいっていくはずだ。

f0084105_181883.jpgアジアを放浪していた20代、ネパールでのこと。ヒマラヤを望むトレッキングのベース、ポカラからムクチナートと呼ばれる聖地向かう途中で知り合った鍼灸師がいる。彼は早稲田を卒業してインド放浪後、鍼灸師になった。太極拳や陰陽五行など、やたらと東洋思想につよかた。“針の先生”と呼んでいたので、本名は忘れてしまったが、たしか子供は“銀河”という名だった。よく子供の話をしてくれたので覚えいる。彼と一緒だった約1ヶ月間、針灸の世界に触れたことがある。風邪の病のときは、風邪は胸にある風門とよばれる経穴(ツボ)から入り、背中にある風地から貫けるといい、ここのツボを刺激していた。長期にわたる山に入ってのトレッキングでは、病気はなんとか自分たちで治す以外方法がなかった。それ以来、東洋医学には興味がる。

ぼくがいま通院している桂林中医院でのこと。診察の初っ端に肩の痛みなのに舌をみられ、手の脈をとられたときは、一瞬あれっと思った。中医の最初の診察で次の四つの診察法があることをあとで知った。皮膚の色、顔の色、目の色、舌の状態を診る“望診”。体臭、口臭とともに患者の声・呼吸音を診る“聞診”。患者の訴える言葉を診る“問診”手の脈をとり、皮膚の張りを触って診る“切診”である。とくに「望診」では目や耳や爪を見ることを重視する。なかでも耳は「耳穴」に体各部の出先が"出張"していると考えられているので、じっくりと見る。耳に紅い点があらわれているときは体内に熱がこもっているとき、耳に黒点や紫点が見えるときは癌の前兆を疑うという。中医学ではその流れているものを「経気」というが、科学ではその「気」の正体がわからない。また、その経気が集約される経穴が何だかわからない。

しかし、桂林中医院に通う多くの中国人と、ここで学ぶ西洋人の鍼灸師のたまごたちをみると、西洋医学が手におえない何かがあるのは確かなようだ。
[PR]
by ogawakeiichi | 2006-03-18 21:36 | 千夜千冊追随記

正剛追随記/アンディ・ウォーホル


f0084105_23301248.jpgアンディ・ウォーホル
『ぼくの哲学』

僕が青春真っ盛りの頃、60年代から70年代アンディーウォーフォルのシルクスクリーンのアートが巷にあふれていたらしい。当時、僕の注意のカーソルはインド放浪に向けられ、この時期のアートのメモリーはストンと抜け落ちている。だから、ほとんどウォーフォルのことは知らない。もちろん後になって、マリリンモンローや、缶詰のシルクスクリーンは現物を見た。

桂林の郊外にある興坪って古い村に住む日本人林克之さんが、ウォーフォルから直々にボランティア資金の援助を受けたことは聞いていた。いまウォーフォルのことをこうやって記録している。こんなことなら、林さんとこに宿泊したとき、もっとウォーフォル話を聞いておればよかった。

ウォーホルは体に触られることが大嫌いで、体を洗ってばかりいるらしい。その体に3ヶ月に1回銘柄を変えた香水を振り掛ける趣味があったらしい。僕にはそんな趣味はない。

ウォホールは8歳で、皮膚の色素を失った。10歳までに年3回は神経衰弱に陥っていた。友達ができず、どうしたら友達の関心を引き寄せれるか、どうしたら友達を驚かせられるかを考えていた。結局わかったことは、みんなパーティーが好きだということ。だから黙ってパーティーの準備をして人に来てもらうことにした。パーティーを通して、少しずつウォーフォルの変人性に人気がでてきた。ウォフォールは確信した。欲しがらなくなったとたん欲しいものが、手に入るようになったということ。

ウォーホルには人というものはすぐに狂気に走りたがることが手にとるように観察できた。ともかくウォーホルは有名なものを複写して複製して、仕事場を会場にして、『ほらこれがポップアートだよ』と宣言するだけ。あとは集まってきた連中がおかしくなるのを待つだけなのである。23歳で髪を真っ白に演出したのもうまくはたらいた。

ウォーホルがメディア・パーティの主人公だと勘違いされた60年代は、目立った男や目立った女と親しくなるためにはファッションも言葉も趣味も独特でなくてはならず、それで傷つくのを恐れてはいけなかったのだ。こうしてウォーホルは10年に1度しか休暇がとれなくてもどこへも行きたくないという奇人変人になりおおせた。

ウォーホルには常套句があった。「だからどうなの?」と言ってみることだ。母親に愛されなくてねえ。だからどうなの? 仕事ばかりが忙しくてさ。だからどうなの?  これってアートにならないらしい。だからどうなの?いずれにせよ、人はいつも同じことを繰り返してばかりいるのだ。ウォーホルからすると、それで失敗するのは当たり前で、成功することなど忘れれば、すぐに成功するのにと思えるのである。

そのうち、ウォーホルはまた気がついた。「新しいものとはわからないものなんだ」ということである。それが何かさえわからないもの、それだけが新しいものなのだ。ということは、「これ、わからないね」と言われれば自信をもてばいいはずだ。ただし、100パーセントわからないものにしなくてはいけない。全部わからないのが、いい。「ここがわからない」と言われるようではダメなのだ。

ウォーホルは、こう、確信した。「とくにアートは作れば新しくなくなっていく」以上、ウォーホルがとびきり猜疑心が強くて、ひどく嫉妬心が強いことをあらわしている。1928年、ピッツバーグ生まれ、カーネギー工科大学。しばらくは商業デザイナーとして活動したのちに、各界各種のメディアに載る商品と主人公をシルクスクリーンに反復印刷して一世を風靡した。

1987年2月22日、58歳で死んだ。気にいった言葉、「アーティストはHEROではなくてZEROなんだ」。『松岡正剛 千夜千冊より』
[PR]
by ogawakeiichi | 2006-03-08 23:10 | 千夜千冊追随記