ブログトップ

彩遊記

ogawakeiic.exblog.jp

<   2006年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧

味写シリーズ/立ちスリ禁止

f0084105_2142838.jpg

             立ちスリ禁止だぞ!  はあ??
[PR]
by ogawakeiichi | 2006-03-27 02:15 | 味写真

広西師範大学美術学院

f0084105_19344951.jpg3月26日学院昇格記念式典出席。広西師範大学美術系が美術学院へ昇格。

学院長は我が親友でもある帥民風。(千葉大留学)

船津邦夫氏ら学生12人.日本画教授.通訳。桂林入り。

半年ぶりの再会。船津氏:東京教育大から台湾へ留学。パナソニックデザインセンター、松下電器の欧州駐在デザイナー、アメリカケンタッキー駐在。国際デザイン交流センターを経て、現在大学教授。中国-日本デザイン教育交流のトップランナー。

東京教育大美術クラスの同期に九産大、網本氏。世界を又にかけての仕事の半生を聞く。

桂林での観光デザインについて辛口コメント。
[PR]
by ogawakeiichi | 2006-03-26 09:29 | 只記録

クラス集合

f0084105_23493786.jpg

   2003年視覚美術系デザイン2 ポスターデザイン最終日野外展示会集合
f0084105_2350226.jpg

   2003年ガイド系社会管理1・2 日本概要最終日集合
f0084105_23511391.jpg

   2004年視覚美術系マルチメディア2 CIデザイン最終日発表会集合・
[PR]
by ogawakeiichi | 2006-03-23 00:03 | 只記録

アフォーダンス

f0084105_0592918.jpg卒業制作指導がはじまった。学生の一人に『アフォーダンス』についての考察をやらせよう、いや、やってみたいと思っている。昨年の卒業制作は学生とともに『ユニバーサルデザイン』をやった。中国にはまだ少ないデザイン概念。

昨年は、この『ユニバーサルデザイン』って単語を、中国語にどう訳すかで随分悩んだ。どう訳すのか美術・博物館関係では有名な丹青社上海駐在日本人デザイナー新居くんに電話したり、電通上海のスタッフに電話して聞いてみた。時を同じくして、みんな同じことで悩んでいた。

中国語で『公益設計』って言うんじゃないかとの声もあった。でも、ぼくは、どちらかというと『公益設計』はバリアフリーに偏りすぎていると思っていた。そうするうちに一冊の本を探し当てた。田中直人氏の著書?『標識と環境ユニバーサルデザイン』?の中国語版があったのだ。結局、先に訳されたこの本にある『通用設計』を用いることにした。しかしこの訳、まだまだしっくりこない感じなのだが・・。

余談だが、後日ユニバーサルデザインの教育が専門である船津邦男先生に聞いたところ「通用設計」が中国語として流通しているとのこと。船津先生は、数少ない、中国語を操れるデザイン教育家でもある。

実はぼくにとっての卒業制作指導は、専門デザイン以外を学生とともに考えるチャンスでもある。おかげで、ぼくのデザイン守備範囲が広げられる。まぁ、学生にとっちゃ、頼りない先生だ。

『アフォーダンス』はともと心理学用語だが、デザイン分野の入り込む余地のある興味深い分野だ。たとえば。ここに紙が一枚ある。摘むのには紙のほうに手をのばして親指と人差し指をちょっと細める。その紙を折ったり引きちぎったりするには両手が必要だ。

その紙が不要な紙ならくしゃくしゃまるめて捨てたくなる。こうやって見ると紙は我々になにかを与えている。

その何かを与えていることを『アフォード』(ができる。をあたえる)という。われわらが何をしなくくとも紙はいろいろなアフォードの可能性をもっていにる。そのアフォードの可能性がいろいろあることを『アフォーダンス』という。

マイクにはそれを握らすという『アフォーダンス』があり、椅子にも座ることを要請している『アフォーダンス』がある。万年筆は持たれて紙とであうことを、電気かみそりは顎にあてられることを待っている。道具だけが『アフォーダンス』をもっているのではない。大地は歩くことの、断崖は落ちることの『アフォーダンス』をもっている。だから、ありとあらゆるものに『アフォーダンス』があると言っていい。

すべてのものが『アフォーダンス』をもっているということは、われわれは『アフォーダンス』のなかで知覚し、『アフォーダンス』のなかで動作をおこし『アフォーダンス』のなかで活動しているということである。

たとえば、どこかの応接間に案内されてソファに座るように促されたとする。われわれはそのとき咄嗟に、そのソファの高さや柔らかさを目測で判断して、自分の体をソファに対して背を向けつつ、ちょっと腰をかがめながら体をソファにアフォードされるように座る。

そのとき背中や腰や太股はソファの恰好やソファの柔らかさに対応するようになっている。合わさっている。しかし、何度かそのような体験をするうちに、目測はしだいに省略されて、ソファのテクスチャーを感じただけで座りかたがわかるようになる。『アフォーダンス』は、経験によってさまざまに深化するのだ。『松岡正剛千夜千冊より引用』

f0084105_19513821.jpg『アフォーダンス』には、最近マンネリで停滞気味デザイン界の突破口が潜んでいる気がする。それを学生と考えてみたい。じゃあ、『アフォーダンス』をどうやってデザイン具現化するのか?。

左の写真だ。『アフォーダンス』を応用した『取っ手のデザイン』だが、左側は取っ手の引き手がないので“押す動作”。右側は引き手があるので、“引くという動作”が無意識にアフォードできるってな具合だ。
[PR]
by ogawakeiichi | 2006-03-22 20:03 | 情報とデザイン

NEW桂林シリーズ・わが新校区。

f0084105_26932.jpg

現在、プレオープン中。外国語学部・商務学部・管理学部がここに移動した。表現芸術学部・ガイド学部は7月移動。わが視覚美術学部は来年の春に移動の予定。すなわちグランドオープンは来年春の予定。ただ、この予定あてにならず。もう3年も遅れているからなぁ。。。
[PR]
by ogawakeiichi | 2006-03-22 02:09 | NEW桂林

味写シリーズ/つるつるミーファン

f0084105_1451780.jpg

桂林特産、ミーファンだ。あさはみんな立ち食いミーファン。つるつる、つるつる。。
[PR]
by ogawakeiichi | 2006-03-22 01:43 | 味写真

味写シリーズ/じゃーんぷ

f0084105_136538.jpg

ああ、野鶏なべ。うまかった! おもわずジャンプ!!
[PR]
by ogawakeiichi | 2006-03-22 01:40 | 味写真

味写シリーズ・卸市場にて

f0084105_0385934.jpg

なななんじゃ、このマネキン。ポップアートなセンスがとっても素敵。
f0084105_0405778.jpg

うーーん。しげしげとながめる、おばちゃん。赤色は厄年の人が一年中着る下着なんだって。
[PR]
by ogawakeiichi | 2006-03-22 00:56

私的記憶整理/宮本武蔵


f0084105_232547.jpg“宮本武蔵”の名に引かれてはいたものの、全く彼の生い立ちさえ知らなかった。彼が60歳で書いたという「五輪の書」は買ってみたものの、自宅の書棚の中で眠り読んでいない。(彼は62歳で死んでる)。
とは言っても、“宮本武蔵”その名前にひとかたならぬ愛着があるのは確かだ。

小学6年生のクラス内での発表会のこと、仲良し3人組みで“巌流島の決闘”のシーンをやったのだ。三人は放課後、鹿児島市街の背後に位置する武岡に登り、いつもチャンバラごっこをして遊んでいた。それが嵩じて、この出し物になった。ぼくの演じたのは佐々木小次郎だった。コミック本にあったギャグ漫画をシナリオにした。武蔵が巌流島に渡る舟の上で、決闘につかう櫂を削っていたら、削りすぎて爪楊枝になったとういオチがついていたのだが,その爪楊枝の剣にも、佐々木小次郎は負けてしまうという、なんとも情けない役。

その後、3人はバラバラの中学へ進む。ぼくは父親の仕事の都合で川内北中へ転校となった。
中学に入ったら剣道部に入って県大会で会おうと約束して別れた。川内北中学校剣道部は結構強く、常に鹿児島県でベスト8に残っていた。鹿児島のレベルは高く県で優勝すれば、当時は殆ど全国優勝していた。剣道仲間の西上原俊郎は全国優勝。亀沢八重子は高校に進み全国優勝。ぼくは、けっきょく、大病を患い入院生活がはじまるまで、中学・高校の5年間を剣道三昧で過ごすことになる。

残念ながら、その後、竹刀を持つことは無かった。次に宮本武蔵を意識するのは、随分あとのことになる。現在、電通大阪にいる禅の師匠との出会いがあってからだ。広告マンでありながら、やたらと禅に詳しかった。彼に誘われ、姶良にある曹洞宗永平寺別院に約2年間、ほぼ毎朝参禅した。。彼から真剣での勝負の世界は、禅の世界に通じるところがあることを何度も聞いていたからだ。いわゆる無になって対峙するといういうことらしい。言葉ではわかっていても、これが凡人にはなかなかむつかしい。いや、できないのだ。デザインアイデアを考えるときも、剣や禅の世界と共通項があることを、ぼんやりと、気づいてはいるのだが、これがまた、なかなかむつかしい。行き当たりばったりのエネルギーで創作することが多すぎる。

そんなわけで、話をもとに戻すと、ここでは宮本武蔵なのだ。彼と一度は、ちゃんと向かい合いたいと思っていたのだが、わたしがこちら中国に渡って以来、彼のことを書いた日本の書籍に縁が無い。NHKの大河ドラマも見ていない。と思っていたら、桂林のDVD屋で宮本武蔵の3部作を見つけたのだ。主演は三船敏郎、彼を慕うお通には八千草馨。監督は稲垣浩。第28回オスカー最優秀海外作品となっている。今のオスカーが第78回だから今から50年前の作品。ということは、ぼくが生まれた年の制作。すいぶん古い映画だ。

1584年、美作国宮本村(現岡山県)で武蔵(たけぞう)は生まれる。離縁した両親のもと、彼は自らの葛藤をエネルギーにかえて暴れまくった少年時代を過ごす。そんな暴れん坊にも、おさななじみの又八や、又八の婚約者お通とだけは仲がよく、三人で讃甘(さのも)神社の境内や故郷の野山を駆け巡りながら成長していく。彼独特の二刀流は讃甘神社の神主の打つバチさばきをヒントに考案したものと伝えられている。

17歳のとき、武蔵は親友の又八を誘い、天下分け目の合戦、関が原の戦いに出世の野望を抱いて参戦する。しかし夢やぶれ、おさななじみ又八は故郷と婚約者お通を捨てて姿を隠し、武蔵はひとり故郷に帰る。故郷で武蔵をまっていたのは“おたずね者”の汚名だった。ほどなく漬物の沢庵の考案者としても有名な沢庵和尚に捕らえられ、千年杉に吊るされてしまう。吊るされてもなお悪態をつくが、そのうちに武蔵の心におきな変化生まれ「もういっぺん、出直したい」と沢庵に助けを請うが、まだまだ沢庵は受け入れない。それを見かねたお通は、武蔵を哀れに思い、沢庵和尚にきずかれないよう縄を解き、二人は逃げるように故郷を後にする。国境の釜坂峠で、武蔵は「おれは生まれかわるのだ」と心に誓い、ここから諸国流浪の修行が始まった。

22歳で京都の吉岡道場に乗り込み奈良の宝蔵院槍術、柳生一門に挑み、鎖鎌の宍戸梅軒と戦う。23歳で道場の頭たち吉岡清十郎、三十三間堂で吉岡伝七郎を倒し、かの有名な一乗寺下り松で70数名の吉岡一門と戦う。25歳で下総(千葉)の法典ヶ原を開墾、そこを荒らしていた野武士集団を農民を組織して打ち倒す。29歳、そして、ついに佐々木小次郎と下関巌流島での決闘を行い勝利する。

ぼくは、ここまでで、二つの疑問をもった。第一に、沢庵和尚に千年杉に吊るされたくらいで、なぜ武蔵の心に大きな変化が生まれたのか。第二に、諸国流浪の修行といったころろで、これまで武蔵には剣術の師匠についたことはない。彼の剣が何故たびたびの決闘でも敗れることはなぜなかったのか。以上の二点だ。

映画ではさらっと流して描いてあるところを、別な角度からぼくなりに上記の疑問を調べ、考えた。どうやら、こういうことだろう。まず、師匠なしでの彼の強さの秘密だ。じつは彼の父親、無二斉は兵学の指南役として竹山城主に仕えていたのだ。こんなエピソードもあった。ある時、武蔵の態度の悪さに父親、無二斉は、楊枝を削っていた小刀を一間距てた武蔵めがけて投げつけた、すると武蔵は、軽く面をそむけてかわしたという。まぁ、父親も兵学の指南役であるから自分の息子の急所を狙うようなことはなかったと思うのだが、武蔵の小刀をさっとよけるこの反射神経も父親の血を引いているのは確かだろう。さらに、武蔵は村人から豊年童子と呼ばれるほど並外れた体格の持ち主であったという。これがまた剣には有利なのだ。

ぼくが剣道をやっていた中・高校時代。小が大を制すことはそりゃあ、たまにはあるけど、やっぱり身の丈の大きいもので、ある程度の腕があるものにはなかなか勝てない。これホント。だから背丈に恵まれなかったぼくは、柔道が体重制なら、剣道は身長制にすればよいなどどほざいていた。武蔵には父親譲りの天性の剣に対する勘と、天性の体格に恵まれていたということだ。さらに付け加えておきたい事は、ある事情で村を出た父に対する反発から、天下無双の剣豪になると決めたことだった。体格よし、天賦よし、モチベーションよし、そのような理由から武蔵は一人でも諸国放浪の武者修行が可能だったわけだ。

次に、沢庵和尚に千年杉に吊るされ、改心したしたことだが、映画の中では、2日間吊るされている。沢庵は禅僧である。あくまでもぼくの想像だか、仏教の修行にも様々なものがある、たとえば天台宗は千日間、毎日決まったコースを歩く千日回行峰。黄檗宗は1週間座禅を組む大接心。真言宗では空海が始めてやった苦行、虚空蔵菩薩求聞持法50万回真言を唱える行だ。この行を成し遂げたものは、その後記憶にすばらしい能力を発揮できると言う。ぼくは100回で挫折した。どーもこのとき武蔵は、沢庵にこの吊るされる行為で、ある能力が開発されたのではないかと思うのだ。沢庵ほどの禅僧なら、武蔵の素質を一瞬で見抜いた上で、千年杉に吊るしたのだろう。さもなければ、おたずね者武蔵を、代官に渡さず沢庵預かりにしたことが納得いかない。

武蔵は29歳の巌流島の決闘を最後に、大きな決闘はない。約40年間は身を削るような行為はない。57歳で熊本・細川家の客分となり、霊厳堂にこもり60歳で「五輪の書」の執筆を始め、62歳で熊本に没している。「五輪の書」がなかったら武蔵は、この時代ここまで有名になっていただろうか。

そうか!「五輪の書」は、後世に伝えるため、武蔵最後の自分との決闘だったんだ。
[PR]
by ogawakeiichi | 2006-03-21 19:04 | 日本史&思想

ogawa drowing スケッチ記録

f0084105_17254960.jpg


作品記録
老師記録
[PR]
by ogawakeiichi | 2006-03-21 17:24 | 只記録