ブログトップ

彩遊記

ogawakeiic.exblog.jp

<   2006年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

私的記憶整理・ダビンチ・コード1

f0084105_1073985.jpg久しぶりに、桂林三里店周辺で暮らす日本人たちと学校裏の屋台で串焼きをつまみながらビールをのんだ。

日本人同志が異国であつまると大抵は“ここがへんだよ中国人”の話題になるのだが、今回は映画やNHK大河ドラマの話題になった。

彼が言うには、外地にいると日本に滞在している以上に本をよんだり、ビデオを鑑賞するという。一理ある。ぼくも、大河ドラマの新撰組を金曜の夜から、月曜のあさまで延々と見続けたことがある。話題作はたいていは桂林で手に入る。ベストセラー本も最新話題作であれば、日本人のだれかがもっている。

中国のネット上では日本のドラマが2、3日すると中国語字幕付でダウンロードできる。もちろん違法だ。でも世界はそんな時代だ。

いま手元にはダビンチコードの文庫本とDVDがある。DVDは中国語字幕。達分奇密馬(※分は草冠をつける・馬は石偏をつける)と書く。

さておき、ダビンチコードのことである。キリスト教に詳しくないと理解しにくいかも知れない。
ただ、世界中でダビンチコードブームが起きているってことは、意外とそうでないのかも知れない

話はシオン修道会、オブズ・ディなど陰謀論の好きな人が聞いたら喜びそうなところからはじまる。ぼくは、一時期、世の中のしくみを徹底的?に調べたことがあった。

宗教の世の中を動かす力は大きい。どうしてもはずせないパワーだ。その宗教の奥に渦巻くのはフリーメイソンやイルミナルティなど宗教の裏にある陰謀論っぽい事象にぶち当たる。
宇野正美のユダヤがわかると世界が見えるにはじまり、広瀬隆の“赤い盾”と闊歩した。

ダビンチコードは久しぶりの西洋系裏社会の話である。とびらを開くと、この小説における芸術作品、建築物は、・・・は、すべて事実にものづいている。という記述から小説が始まるのだが、
この一行で読者は、すっかり作家ダンブラウンの手中にはまってしまう。この記述からすでに小説は、はじまっているのだ。

舞台はフランス、ルーブル美術館。その館長が殺されそこに残された、そこに残された暗号から物語は展開する。

死体はウィトロウィウス的人体図のように両手両足を広げ、胸には五ボウ星が描かれ、床にはフィボナッチ数列が描かれていた

これらは、みな美術史の研究上欠かせないひとつの概念で結びついている。黄金比だ。

黄金比をくわしく説明すると植物や動物、さまざまなものの比率が不気味なほどの正確さで1.618対1に迫っている。

ミツバチの群れにおけるオスとメスの固体数の関係。植f0084105_1011527.jpg物の茎に葉がつく配列。昆虫のからだの分節。古代ローマの建築家マルクス・ウィトロウィウスは、その著書「建築論」のなかで、神聖比率を賛美している。ギリシャのパルテノン神殿。エジプトのピラミッド。ニューヨークの国連ビルなどだ。

ダビンチは人体の精密な構造をだれよりもよく理解していた。実際に死体を掘り出して骨格を正確に測定したこともある。あたまのてっぺんから床までの長さと、へそから床までの長さを割ると、それは神聖比率である黄金比、1.168になる。肩から指先までの長さをはかり、それを肘から指先までの長さで割る。黄金比だ。

腰から床までの長さを膝から床までも長さで割る、これも黄金比。手の指、足の指、背骨の区切れ目、黄金比、黄金比。五本の線を交差させて、頂点が五つある星型を描く。五線星型の出来上がる線分同士の比率も黄金比。
※なお、コピー用紙などの紙のサイズにつかわれるA列、B列サイズの縦横比、√2は白銀比と呼ばれる。

その謎解きから、犯人逮捕まで、暗号解読官ソフィーとハーバードの宗教象徴学のロバート・ラングドンが挑んでいくストーリーだ。

映画のほうは、ストーリーの結末がちょっといただけない。

あれれ、映画紹介の如きブログの結末だが、
黄金比から始まるストーリーは、おぼろげながら知ってはいたものの、モノに潜む規則性の単語を再確認する契機になったので、ヨシとしよう!。
[PR]
by ogawakeiichi | 2006-10-31 10:14 | 西洋史&思想

正剛追随記・文化大革命と現代中国

f0084105_16223427.jpg

文化大革命とは1966年から1976年まで10年間にわたって吹き荒れた中国のプロレタリア社会文化運動のことである。といっても、わかりにくい。

文化大革命の時期、ぼくは11歳から21歳ということになる。中学生のころNHKのテレビで毛沢東語録を、ぼくと同じ年代の連中が熱狂的に振り上げている場面を何度かみた。
深夜放送を聞こうとラジオをチューニングしていると、北京からの日本語放送がものすごい音量で、聞こえてくる。出だしは、決まって「日本のみなさま、同志のみなさま、こちらは北京放送局です・・」で始まっていた。

中国ってなんでこんなに熱狂してるんだろうと、思っていた。

この熱狂が文化大革命で、毛沢東語録を振り上げていたのが紅衛兵だった。
この時期、中国は共産主義の真っ盛り。しかし内部のリーダーたちは、権力闘争の真っ最中だった。権力闘争の構図は「毛沢東・林彪」×「劉少奇・鄧小平」の対立だ。

ところが、その後は林彪によるの毛沢東暗殺指令が発覚し、さらに毛沢東婦人の江青らの4人組が台頭暗躍して、四分五裂のぐちゃぐちゃ状態になる。ぼくが、中国で10年仕事をしていて思うのだが、どーも、みなさん、いまでもぐちゃぐちゃがお好きなようだ。ちょっとはなしが逸れた。

1976年10月にこの江青を中心とする4人組が逮捕され、この中国全土を吹き荒れたしょう紅熱のような文革の嵐も収まった。最後に江青が“悪者”の代表ということになってしまった。

文革終焉の直接のきっかけは、江青逮捕の1ヶ月まえ、1976年9月に毛沢東が死んだからだ。毛沢東が生きているあいだは、だれもこの文革をとめられなかった。
それだけ、毛沢東にカリスマ性があったということだ。

4人組逮捕とその裁判のあと、文化大革命は「歴史議決」されて、全面的に失敗だったと否定された。10年のしょう紅熱だった。
これが、だいたいの大筋であるが、この文革の時期にはさまざまな動向が絡んでいた。
さて。このしょう紅熱は、どうやってはじまったのか。
f0084105_1623122.jpg

1951年に毛沢東が、映画「武訓伝」を階級調和?をはかる軟弱なものだと批判したのが、ごく初期の文革(しょう紅熱)の兆しだった。
しかし、このとき毛沢東の唱えたすローガン「百家斉放・百家争鳴」は、誰もが自由な批評活動をしようという「文化の自由」スタートでもあった。

そのころ世界の共産主義2大国家であった、中国とソ連の関係が険悪になり始める。「継続革命論」という大きな共産主義社会のための大路線の解釈の違いだ。
互いに新たな方向を提示するところまで行っていた。

世界情勢と中国国内の権力闘争とが、微妙に絡み合う。
どんどん複雑になっていく文化大革命である。もつれた糸を解きほぐすようにゆっくりほぐしていこう。
下へつづく・・・
[PR]
by ogawakeiichi | 2006-10-15 16:24 | 千夜千冊追随記

正剛追随記・文革大革命と現代中国2

文革大革命と現代中国2
さきに手をつけたのはソ連のフルシチョフで、1956年に激烈なスターリン批判をおこない、これで過去を一掃したソ連は東欧。中欧に大胆に介入し、ハンガリー事件を起こす。ついで、アメリカと対抗する方針でいた。スプートニクをとばしたのも、米ソ決戦への布石になっていた。この布石はのちのキューバ危機まで進む。
f0084105_16145044.jpg

一方中国は、毛沢東が「百家斉放・百家争鳴」のスローガン、いわゆる自由に批評活動をしようというのだから、これは、党中央がそうとう強力でなければならない。下手をすると矛先が自分のほうに向いてしまう。毛沢東は他方では「民主集中」を訴え、その方法として「継続革命論」をぶちあげた。これで中央をしめ裾野をひろげようというシナリオである。トロツキーの永続革命論を思わせるこのシナリオは、まともにもこれを受ければ、つねに武力も厭わない
革命路線をどんなちいさなところでも起こしていこうというふうにも解釈できる。とくにこれに答えたのが林彪で、1960年からは、党内外における毛沢東思想の学習運動を推進することを決定した。いまからおもえば、すでにここにおいて中国は「愚民政治」への第一歩をふみだいていたのだろう。

事態は予想外の展開へとなっていく。アメリカの駆逐艦がトンキン湾で北ベトナムの魚雷艇の攻撃を受け、これに米軍がベトナム沿岸警備艇を撃沈した事件だった。これで北ベトナムと友好関係にあった中国に緊張がはしる。それが国内のひきしめと世界大広報を必要以上に過激にさせていった。10月毛沢東は核実験をする。当時、ぼくの母が、雨が降ると、「放射能が降ってくる、あたまが禿るよ」、と散々聞かされた。そのとき母の言うことを聞けばよかった。今では随分あたまが薄くなってきた。

こうして、文革の火ぶたが切っておとされた。過激であつくて、目にもとまらぬ高速をもって中国全土を変えていった1966年である
f0084105_16152977.jpg

1966年2月、林彪の委託を受けた江青らは初めて、「社会主義文化大革命」の用語をつかった文書を作成。これをもって、ブルジョワ体質の持ち主の摘発にのりだす。科学院長になっていたか郭沫若が自己批判させられ、反党派が次々と罷免させられた。5月には北京大学哲学科の講師たちによる陸平学長を激し文化く糾弾する壁新聞「大字報」が貼り出され、これに毛沢東が「中国におけるパリ・コンミューンの宣言」にあたるという支持声明を出す。

ほぼ同時に、腕に赤い腕章を巻いた紅衛兵が登場し、のちの四人組の温床となった「中央文化革命小組」が、成立。人民日報はプロレタリア文化大革命の文字を躍らせた。毛沢東はまたも、清華大学付属中学校の紅衛兵に対して有名な「造反有理」という言葉をつかっての激励をした。これらが引き金になって、一挙に文化大革命となったのである。

あとはもうとまらない。8月には「十六条」とよばれる文革の方針が決定され、1週間後には天安門広場に100万人の紅衛兵隊があつまった。こうして全土に「走資派」狩り、ブルジョワかりり、反動狩りがおこった。著名な大学教授が“妖怪変化”の名札を首からぶらさげられて街を引き回された。これらを実行していったのが、紅衛兵である。

下へつづく・・・
[PR]
by ogawakeiichi | 2006-10-14 15:42 | 千夜千冊追随記

正剛追随記・文化大革命と現代中国3

紅衛兵は「紅5類」から選ばれた。これは労働者・農民・兵士・革命幹部・革命烈士を指した。
これに対して、「黒5類」は旧地主・旧富豪・反動分子・悪質分子・右派分子を指す。

林彪は紅衛兵運動拡大のためにこの黒5類を抱きこむ方針をとった。あえて呉越同舟の政策をとることで互いに目を光らせてちょっとでも毛沢東の意にそぐわない者は切り捨てるという大同団結である。その代表が、清華大学に結成された井岡山兵団である。江青が指揮した。

こうして1967年上海一月革命になる。これは紅衛兵と学生が、上海市党委員会を攻撃し、赤衛隊と流血武闘をくりひろげ勝利、上海工人革命造反総司令部を樹立した。

その間、上海は無政府状態になったのだが、毛沢東はこれを絶賛。文革に軍部をいれることを決める。これでわかるように文革はコミューン賛美なのである。というより学生や紅衛兵たちは世界史上はじめてコミューン都市が出現することを夢見たのである。

けれども、人民公社は次第に腐敗。その堕落した幹部たちを批判する造反有理派が台頭し、しだいに武闘派紅衛兵が幅をきかせ、もうどうにも止まらない。

文革が大きな転換を迎えるのは、林彪が、軍部の最高権威、国防大臣になって武闘派紅衛兵を半ば仕切り、半ば弾圧するようになってからだ。

林彪は国家主席になりたかった。

国家の危機というものは、こういうときに限って、必ず内外の事件によってスパークするものである。またもや、外圧事件が起こったのだ。

1968年ソ連軍を主体とするワルシャワ条約機構軍が、チェコに侵入。チェコの指導者層を一掃する。この事態は社会主義国にとっては安閑としておられない、いつソ連がやってくるかビクビクものである。

中国にとっても黒竜江の中洲にあるダマンスキー島にソ連が進入。

中国の国土を守るのは林彪に任務だ。林彪はむすこの林立果に空軍の支配権をあたえ、対ソ作戦を立てた。最終的には上海、南京、広州に秘密組織、連合艦隊を組織する。

これは、毛沢東にとっては、不穏な動きだった。そのころ林彪はナンバー1になりたがっていた。
ナンバー1の地位といえば、もちろん毛沢東だ。

すぐさま毛沢東の知るところとなった。
毛沢東・周恩来は、この林彪に対しソ連との摩擦を回避する別のシナリオを実行する。
それは、1970年、周恩来が北朝鮮に行き、金日成と会見。日本の軍国主義的傾向を批判しておきながらピンポン外交を展開して対米関係の回復をねらう。これをもってソ連に対抗しようとしたのだ。そのとき、暗躍したのがキッシンジャーだ。

これでは、林彪のソ連・アメリカと一戦を交える覚悟も水の泡。ここから事態は急転直下。

林彪。葉群(林彪夫人)は、ニクソンの訪中が発表された2ヵ月後、毛沢東暗殺を計画し、
武装クーデターによる国家転覆の秘密作戦にでた。

しかし、最初の暗殺指令は毛沢東の知るところとなりかろうじて逃れた。
2度目の暗殺指令は周恩来の知るところとなり、かくて林彪は陰謀が発覚したことを知って国外逃亡を企てる。ところが、ところがである。この林彪を乗せたトライデント機がモンゴルで墜落してしまったのだ。

このあとはもはや、文化大革命とはいえない暗黒の権力闘争だけがつづく。
ともかく林彪のような反動軍事グループを生み出してしまった体質を、中国は世界に向けてたくみに正当化しなければならない。

これをやろうとしたのは周恩来だが、彼の努力もむなしく、江青らの四人組は林彪を批判するのに孔子をもちだすという「批林批孔」運動を展開しはじめた。むろんこんな批判運動がいくはずがなく、紅衛兵もこのあたりで切れてきた。

さすがに毛沢東もたまりかね、ついに4人組をやんわりと非難しはじめた。もはや、夫人の暴挙を黙殺しておくわけにはいかなかったのだ。

しかし毛沢東の判断は遅すぎた。しかし、これをきっかけに従来反動分子扱いされていた重鎮たちが復帰することになった。とくに鄧小平の復活が大きかった。

サルトルからYMOまでもまきこんだマオイズム。いまはだれも毛沢東を称揚しなくなったマオイズム。いったいあれはなんだったのか。
松岡正剛千夜千冊より
[PR]
by ogawakeiichi | 2006-10-12 10:28 | 千夜千冊追随記

園林設計

中国園林の伝統手法-園治より

園林とは中国語で読んで字のごとく園林のこと、日本語でも同じ意味なのだが、
僕がはじめてこの言葉を聞いて以来、数年間は
園林とは果樹園のことだろうとおもっていた。思い込みとは恐ろしいものだ。
数年間もまちがったまま、会話していたのだ。
じゃあ、これまでの会話はなんだったんだ。あれれ・・

園林という単語はいま僕の前に頻繁に現れる。
当然正確な意味も覚えた。ぼくらはどちらかというと造園という意味でつかっている。
頻繁にこの単語が現れはじめたのは
桂林市園林局設計院にいる、建築家と知り合ってからだ。
彼は、以前、あの丹下健三事務所にいたという。
先日、彼の口から、中国式庭園と日本庭園の特徴や区別の話題が語られた。
自分で言うのもなんだが、その一言一言が、ぼくの脳みそはスポンジが水を吸い取るように
グングン吸収していく。

普段だったら頭の中を通り過ぎていく言葉も、シナプスの網に引っかかる確率がめちゃめちゃ高い。
きっと、ぼくの祖父が造園家だったせいもあるのだろう。
庭師としてのDNAが少しは残っているのかもしれない。
大好きだった祖父のこともあって、いつかは、造園についてまとめてみたいと思っていた。、
いい機会だ。中国式庭園からまとめておこうと思っている。

f0084105_0422830.jpg中国の伝統的な造園手法を描いた本に「園治」というものがある。
「園治」は明朝末期に呉江の人、計成が中国庭園を造園を系統的に著わした全3巻の書物だ。
内容は園林作庭技法の骨組み・要点などである。
この本を書いた“計成”は、造園家であり、また詩人・画家でもあった。
園林作庭技法の要点は
1.相地(園林造形手法)
2.立基・屋宇(配置計画・設計手法)
3。隔・曲(園林造形手法)
4.綴山(左が木偏)・選石(園林造成素材)
5.「借景」(眺望手法)
の5つの要点に分けられる。

漢字がずらっとならぶと、わかりにくいので簡単に書いてみる。

まず、造園を造りはじめるまえに、その土地の地形をじっくり観察する。
地形の高いところは、さらに盛り土をして高くし、低い場所は、さらに掘り進めでいく。
造園をつくり始める前にもともとある石や池、樹木は、なるべくその状態を大切にし
散在しているものは、集約して、自然の景観を強調する。

次に、中心となる場所を決め建物を配置する。
次にいくつかの主要な眺望視点に、その中心となる建物に対して景色となるように
亭などの小型の建築物を配置し、樹木や水、石などで風景を整える。

主要な建物に対する景色の中心を対庁といい、中心の建物から廊下でぐるりとつなぐ場合も多い。

建物と建物をつなぐ廊下を歩くと、コーナーを曲がったり、門を通過するごとに
風景場面がガラッ、ガラッと変化する。日本庭園のながれるような見え隠れの美とは対照的な構成だ。


まとめ
1.相地(園林造形手法)とは、
「因地製宣」ー原地形を利用し、その地形にもとずいて、造成する。
すなわち、低いところはより低く堀り、高いところはより高く積み、石・水・花木
など現状を基にして、散在しているものは集約し、自然の景観を強調する。
この手法によって、江南園林の理想とする「崇阜広水」(高い山の姿と広い水域)の内に、
その土地のもつ特質を表現していく。

2.立基・屋宇(配置計画・設計手法)とは、
「一宅廬、二草木、三水石」まず、中心となる建物の位置を決め、次にいくつかの主要な眺望視点に、対をなす景色となる

亭・台・楼などを配置し、花木。水。石などで修景していく。

f0084105_0391371.jpg対景の中心には必ず、対庁が設けられる。対庁は「堂・房・斉・館・楼・閣・亭」などであり、それらを、「廊」でつなぐ場合も多い。廊は連絡路であると同時に主要な風景への案内路でもあり、また景色を区切る機能も果たしている。これらは、総て「透・軽」の造形を本質としている。

花庁と対庁はそれぞれ眺望対応の関係にあり、それらは交錯して「相互対景・交叉対景」をつくり、相互に景観の構成要素となる。それらの構図は理想郷である山水画の「画鏡」でなくてはならない。

3。隔・曲(園林造形手法)とは、
歩移景異ー園林は庁から堂へ、閣へと巡り歩く回遊式庭園である。日本の回遊式庭園が池を中心に「ながれるような見え隠れ」の構成であるのに対して、中国庭園の表現は、景観の一駒、一駒の対比的変化をその構成の基本としている。

「隔・曲」はひとつの空間を、建屋・壁面・石屏・洞・廊などで多層な風景区に分けて構成する手法であり、広い水域もこの手法によって変化のある景観を構成することができる。これらの景観区はぞれぞれに特徴があり、大小の空間の配置も、疎密とりまぜてリズミカルな変化によって構成されている。

「園中有園」「園中有院・「湖中有湖」であり「別有洞天」(もうひとつの天地)の連続である。「園必隔」「水必曲」の手法によって、多層な変化と対比の中国園林は構成されている。日本庭園の徐々に変わる風景の回遊式庭園をアナログ式とすれば、場面ごとにガラッ、ガラッとまったく違う風景が現れる中国式庭園はデジタル式の表現と言うことができるだろう。
   

4.綴山(左が木偏)・選石(園林造成素材)とは
「奇峰異石」ー園林の集中する都市、特に江南の地方は平坦な大地であり、園林構成の「立意」には、中国山水画にみられる、「奇峰峻嶺」・「峭壁飛瀑」など険峻の名勝が好まれた。
したがってその構成要素は「奇石」が主体となり、千姿百態の奇石に「奇」・「勢」を求め、
それが、理想郷の表現にもっともふさわしいとされた。

垂直方向の構成を重視した「畳」・「堆」。
堆石の上に亭を設けて、「登高遠望」の場とし、畳石に洞をほって「沈思黙考」の場所とした。
日本庭園の築山は、庭園の修景要素として作られ、人が登ることを目的にしていない。そのため人間の尺度によらずそこにあしらわれる諸要素の尺度統一によって、全体の風景を表現した。それに対し中国園林の綴山(左が木偏)は景観の目的に加え、「登」を対象にしているため人間尺度を基準として、その構成は現実的な自然局部の集積を原則としている

石の姿は、「透・痩・皺・漏」に類別され、これら選石の基準に、中国園林構成要素の際立った特質をみることができる。

5.「借景」(眺望手法)
遠借・隣借・仰借・俯借
遠借は高所から見渡す群山。野原。川湖などの借景。

隣借は近隣・隣接庭園などの塔・楼など、主として建築風景の借景。漏花窓より隣景を借りる場合もある。

仰借は雲・光・月・樹木・塔楼などの借景。

俯景は高所より隣接の庭園を見下ろす奪景ともいう。
《参考資料・パブリックデザイン事典:東京芸術大学環境デザイン研究室・稲次敏郎》
[PR]
by ogawakeiichi | 2006-10-09 17:26 | 中国デザイン