ブログトップ

彩遊記

ogawakeiic.exblog.jp

<   2009年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

大変事

ちょっと前までは、ありえないと思っていたことが次々起こる。
黒人の大統領が誕生したり、石油の価格が跳ね上がったり急落したり。

これまで信用を落とすまいとあの手この手で踏ん張ってきた社長さんたちから「たいへんだ」の声が聞こえ、まさか、まさかのトヨタやソニーまでもが「たいへんだ、たいへんだ」と言い出した。

世界のリーダーを振りかざしていたアメリカも、どうも負けが込んだ博徒のようだ。にっちもさっちもいかないのか、それとも「たいへん」の言葉とは裏腹に人の心理を大きく誘導する心理作戦なのかはうかがい知れない。しかし、ありえないと思っていたことが、ありえる時代になったことだけは確かなようだ

たまたまぼくは、長期の中国生活で、毎日どこかで遭遇する腑に落ちないことや、突然のモノ・コトの変更で鍛えられ「たいへん」に対する勘がある。怪しいモノには勘が働き、なるべく「たいへん」になるのを避けてきた。

でもそれだけじゃ、つまらない。ときには、装いよろしいちょっと怪しいモノ・コトの世界に飛び込んでみた。いい経験にはなるのだが、まあ、そのほとんどに利が絡み、それを仕切る裏の大親分にとっては、おいしい話が多かった。

続きはこちらへ
[PR]
by ogawakeiichi | 2009-01-30 04:52 | 南日本新聞コラム

産土

いいねえ。ここ。

ubushina とは
2000年より開始し、2005年からサイト上でも展開しているものづくりプロジェクト。漆、金箔、鋳物、寄木など 伝統的な手仕事とデザインとを結びつけて製品化しています。建築家やデザイナーから寄せられるデザインに対し、品質・納期・コスト等をマネージメントし、伝統技術や高度な手仕事のイノベーションに取り組んでいます。

"ubushina"とは…
自分が生を受けた土地のことを日本の古語で「産土/うぶすな」と言います。
「うぶしな」という言葉はそれと同義ですが、漢字を当てれば「産品」つまり
「その土地固有に産み出されるもの」という意味が感じられます。
この国の、その地域ならではの手仕事の技術を、さらに健全で豊かなものに育んでいきたい。
[PR]
by ogawakeiichi | 2009-01-27 11:58 | 只記録

メモ:ヒット曲禁断の法則

  ここ ⇒http://nikki-yasu.seesaa.net/

★ヒット曲の法則 「4つのポイント」

 1.パッフェルベル“カノン”のコード進行を使う。
   ヒット曲で頻繁に使われるコード進行である。

 2、下記のキーワードを歌詞に入れる。
   「翼」、「扉」、「奇跡」、「桜」

 3、楽曲構成
   サビから始まり
   早速転調
   Aメロ。正統派のラッパー
   Aダッシュメロ。やんちゃなラッパー
   Bメロ。1音下げる「クリシェ」というコード進行でサビに行く前のタメを作る
   サビ。
   ブレイク 「ラララ」などを大合唱(ライブでこれをやらないと物販が売れない)。
   Cメロで「ドラマティックマイナー」。AKB48の「会いたかった」のラスト「ラララ~」のところのコードで高揚感をさらに上げる。
   またカノン進行へ。
   未達成感を残しつつ尻切れ気味に余韻を残して終わる。

 4、オリジナリティ
   あえて個人的な事柄・事象を加えることで、普遍性、共感へと繋げる。
   この曲では「10年目のプロポーズ」というテーマ
   歌詞には「できちゃった婚」のため結婚式を挙げていなかった自身の経験を盛り込み、
   10年間連れ添ってきた妻に対する思いをストレートにぶつけている。
[PR]
by ogawakeiichi | 2009-01-23 17:50 | 只記録

新年快楽

f0084105_10462015.jpg

[PR]
by ogawakeiichi | 2009-01-06 10:46 | 只記録