ブログトップ

彩遊記

ogawakeiic.exblog.jp

<   2009年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

禅ペインティング

水墨画をなんと英訳するのか?
うん、これは結構難問である。
チャイニーズペインティングって翻訳もあり
インクペインティングって、そのものの訳もある.
しかしだが、こんな訳では、どちらも含蓄する意味のレイヤーが少なすぎじゃあないのかなぁ。

ぼくが、訳すとしたら“ゼン・ペインティング”
室町時代、水墨を中国から日本へと伝えたのは臨済宗の禅僧たちである。
じゃあ、中国から伝わったんだったら、チャイニーズペインティングだろうが
と言われそうだが、ところがどっこい。

水墨は日本で新たな進化を遂げる。
それは「負の山水」、「余白の美」というものだ。
これは中国にはない。ましてや、西洋画にはまったく見られない。

負の山水、余白の美とは、余分なものを引き算して、いかにシンプルに存在するかなのである。

有る無しのギリギリまでを攻め込み対峙していくのである。
対峙の瀬を渡りきるとそこには、あらたな地平がみえてくる。
これは、いわゆる無という領域なのだが、
前期のウィトゲンシュタインに従って、語りえないとしておこう。
もったいぶっているのではない。
身体性の問題だからなぁ・・

そうなりゃ、禅とまったくおんなじでしょ。

座る禅を「静禅」とすれば水墨は「動禅」なのだ。

坐禅とは、心が動かなくなることである。
動禅とは、心が坐ることである。
心が動かなくなる、すなわち心が坐ることである。
よって、坐禅を極めることは、動禅を極めることと同じである。
f0084105_891519.jpg

↑おおっ、今日退治(対峙)する相手はこいつらかぁ。。(KAPICより拝借)


=======
経験知
一 念とは、気を鋭くしていくもの(nen)
二 禅とは、念を広くしていくもの(zen)
三 念のない禅は、気が抜けていく
四 禅のない念は、気が立っていく
五 坐禅とは、静かに集中すること(zazen)
六 動禅とは、動いて集中すること(douzen)
七 坐禅では、内的な原因を認める
八 動禅では、外的な条件を認める
九 内に向う禅では、邪念が現れる
十 外に向う禅では、邪魔が現れる

 覚醒の書
念 … 気を広くするまで、気を鋭くすること(smrti)
禅 … 気を鋭くしてから、気を広くすること(dhyana)

 羯磨の書
坐禅 … 体が坐っていれば、心が動じなくなる(zazen)
動禅 … 体が動いていても、心は坐りつづける(douzen)

 解脱の書
只管打坐 … 体が坐るならば、心が動かなくなる
       体が動こうとも、心が坐りつづける
       坐禅を究めると、動禅を極められる

======
f0084105_1791134.jpg

↑退治中
[PR]
by ogawakeiichi | 2009-08-27 08:11 | アジア史&思想

山水思想Ⅱ

道は一を生じ、一は二を生じ、二は三を生じ、三は万物を生ず。万物は陰を負うて陽を抱き、沖気をもって和をなす。と老子は言った。

ここで言う道とはタオイズムのタオのことである。タオは森羅万象の期限であり、あらゆる萌芽の寸前をいい。そのタオから陰陽の二気が分かれたと老子はつぶやいた。

水墨画の源流を辿れば老子に極まる。

水墨の精神の最も原初的なる幼童的な柔らかさに行き着く。老子はこれを「気を専らにし、柔を致めて、よく嬰児たらんか」。気の究極は嬰児のような精神だった。

この老子のタオが、荘子によってタオを陰陽の二気が分有するという哲学まで昇華した。荘子は「陰陽とは気の大なるものなり」と断言した。その陰陽の気に終始して遊べと言った。こうして荘子は「気母」という言葉もつくった。これは宇宙の根源としての「玄氣」にあたる。のちに「大いなるものは玄氣を含み、細なるものは無間に入る」といわれた。荘子はそれを「気の母」と考えた。気にもデノミネーター(分母)があるとした。荘子の気は、荘子の「無為自然」の考え方とあいまって、中国文化のあらゆる面に出没していった。

ちなみに老荘思想とタオイズムは微妙な関係にある。ふたつはどこかでかなり繋がりをもちつつ、どこかで似ても似つかない顔をもっていた。似つかない顔はタオイズムが教団道教としての表情を強くするときである。
老荘的美術が道教化するときも、その異様さにおいて故郷を離れたことを告げる。

しかしたとえば、書の「王義(※左下に弓を加える)之」においては、老荘と道教が近かったように、どこか判然としない場合も少なくない。そうしたとき、両者をつないでいるのが、たいていは「気の存在学」なのである。(松岡正剛)
[PR]
by ogawakeiichi | 2009-08-26 14:11 | アジア史&思想

徐福の考察。

二日酔いで、飛行機に乗り遅れた弟子がいたと思ったら、今度はお宝データ満載のパソコンを忘れた二番弟子の出国手続きまでに、博多まで、三番弟子を新幹線で追捕させたりと、想定外の出来事が、一瞬で相転移しまくる複雑系まっさかりである。

ひさしぶにブログを覘けば、アクセス数の減りと反比例してコメント欄にどーでもいい英文がぎっしり甦生をはじめる。どこからどうやって発信され侵入してくるのか。

今月から人生のアクセルをふたたび、ちょろちょろと、ふかせはじめた。アクセルの踏みこみ毎に、夜毎夜毎の酔い好いで、それはそれで縦横を織り成す関係性の結び目の最適化ではあるのだが、さすがに3連チャンはねえ。ぼちぼちいくか。。

ところで、こんなの見つけたので記録、貼り付けをしておく


日本徐福会名誉会長の羽田孜は秦朝・徐福の後裔だと自称している。 羽田は秦氏である。秦氏といえば島津氏もそうであるが、鹿児島・串木野の冠岳にも徐福伝説があり、東市来には秦神社まであるのだが、この秦神社だが、だ~れも知らない。役場に電話して尋ねたら、これまたチンプンカンプンで、・・そりゃそうだよな、それはそれで仕方がないのだが、日本の深部に迫る痕跡ロマンが、この近辺にはある。←うん
[PR]
by ogawakeiichi | 2009-08-25 05:52 | アジア史&思想

レーザー&サウンド


[PR]
by ogawakeiichi | 2009-08-15 23:13 | お宝デザイン

EPIC2014


[PR]
by ogawakeiichi | 2009-08-14 19:10 | 西洋史&思想

某所でのワーク記録

アジアのアート                                
【主催者】
kay                   

【目的】
古代中国に芽生えた独自の景色の見方と水墨画の技法は、世界の美術史に類例のない山水画という領域をつくりだしました。日本の水墨画は中国から渡来後、独自の日本的な変化をとげていきます。ユーラシア大陸を「パチンコ台」に見立て90度回転させてみると、日本は様々なルートから多様な情報を受け入れ、混沌を引き受け、バランスをとりながら一気に融合させる相等にハイブリッドな一番下の受け皿にもみえます。水墨というアートの身体的体験と対話で、日本から東アジア、そして世界を考えてみましょう。                                        

【タイムテーブル】
80分(20分―序;50分―破;10分―急)
(日本語と英語の時間はそれぞれ含む)                              

【内容の展開】
 1.序:①簡単な自己紹介(全体のコミュニケーション)                                
     ②アジアでの生活体験を通じて                         
     ③アジアのアートの紹介(水墨から現代アートまで)                  
 2.破:①道具の使い方の説明                         
   ②全体:アジアに特有の筆を使って(滲みの体験)              
   ③個人:簡単な水墨にチャレンジ(花など)                 
   ④中仕上げ                                

 3.急:①中国から日本へきた水墨の変遷(余白について)                 
   ②最終仕上げ(絵手紙など)                            
   ③当該分科会のアート体験から、芸術のもつ国際力についてのまとめ          
    ※コンセプトは動きませんが、全体の雰囲気を見ながら臨機応変に対処します。 
[PR]
by ogawakeiichi | 2009-08-14 19:08 | 情報とデザイン

人類の戦争の起源

暑い盛りのこの時期、また終戦記念日が巡ってくる。

自宅前のインターから、指宿スカイラインを30分も走ると、特攻と武家屋敷の町、知覧へ着く。知覧の特攻平和記念館は太平洋戦争中に旧陸軍 太刀洗飛行学校知覧分校として設立。末期になり、知覧分校から知覧特攻基地に名称変更。 ここから多くの特攻隊員が出撃し、戦死している。←ムムっ、前身が太刀洗かぁ、南朝・後醍醐だ。とすれば、知覧も南朝天皇の軍隊じぁないですか。

特攻平和記念館は、県内外ナンバーの車で埋め尽くされ大勢の観光客で溢れているが、人の多さとは裏腹にシーンとした館内に響く手馴れた独特の語り口の特攻隊員の生き残りだという説明員の声だけが響き渡る。時に涙するうら若き女性も・・
f0084105_912328.jpg


展示してある特攻隊員の遺書の字はどれもが美しい。

手馴れた、語り口に耳を澄ませば、「平和のため」「戦争をやめさせるため」、そして、「愛する人たちを守るため」に出撃していく心境が胸の奥から突き上げてくる。グッと収束していく意識。

ふっと力を抜き、意識を拡大すれば、人間社会における為政者の支配の驕りと欺瞞が頭を過ぎる。

先の大戦で亡くなった方がたには申し訳ないが・・

<日経記事引用>

人類の戦争の起源、山極寿一さんに聞く、為政者が操る集団意識、他者への許容が大切。
2009/08/13日本経済新聞夕刊

チンパンジーの群れの衝突と人類の戦争は、根本的に違う

今年も2日後に太平洋戦争の終戦記念日を迎える。わが国は64年間、平和の道を歩んできた。地球上は、民族や宗教の対立に起因した紛争が絶えない。長年、ゴリラなど大型類人猿の研究を重ねてきた京都大学教授の山極寿一さん(57)は京都市北白川追分町の人類進化論研究室で、チンパンジーの群れの戦いと、人類の戦争の違いについて、まず話し始めた。

「チンパンジーの群れと群れとの衝突が、これまでに目撃されている。この衝突が、人類の戦争と根本的に異なるのは、個々のチンパンジーは自己の利益のために戦っていること。これに対し人類の場合は、自分たちで作り出したユニークな社会性を背景にして、共同体の利益のために戦争をするのです」

動機はあくまで共同体の内部にあり、人間の社会性を為政者がうまく操り、国家や民族集団のために奉仕するよう仕向けるから、戦争が誕生する、というのだ。

では、人類の社会性とは何なのか。

「我々の祖先が進化の系統樹で、チンパンジーから枝分かれして草原で暮らすようになる。食料を確保するために、小集団で狩猟採集をする。その一方で、夜間、寝ているときに襲ってくる捕食者から身を守ったり、共同で育児をしたりするために、大きな集団を作る」

 「そうなると個々のメンバーは分担して集団に奉仕する必要が出てきます。様々な集団への帰属意識、それに集団への奉仕や共感といったものが社会性を作り出すのです」

大量殺戮(さつりく)の原因は●「言語の出現」●「土地の所有」●「死者の利用」の三つ

「戦争が大量の人間の命を奪うようになった原因の●第一は言語だと思います。音楽には、その場で体験を共有して一体感を作り出す機能があります。それが言語になると、そこには実在しない出来事や空想上の話も伝えることができる。だから言葉の出現によってバーチャルな共同体、つまり国家や民族といった目には見えにくいものをも人々の心に植え付けられるようになります」

●第二が土地所有。

 「人類の歴史の99%は狩猟採集の時代。その時代には、広い地域を複数の集団が共有して、狩りをしたり、木の実の採集をしたりしていたので、土地の境界はさほど重要ではなかった。1万年ほど前、農耕の時代が始まると、土地の利用法が劇的に変わる。定住し、土地を耕し、種をまき、肥料をやり、作物を実らせる。土地の所有権が発生し、境界が出現します」

 
個人や集団は土地に帰属するようになる。

「土地を管理する者が大きな権限を持ち、さらにそれを統括する者が支配者になる。それにより、土地や境界をめぐる争いが引き起こされ、集団間の戦争に発展する素地が作られたのです」

●死者の利用が第三の原因だ。

 「人類は、すでにこの世から去った死者の利用も考えつく。人の一生は短い。生涯にわたって権利を主張できる土地の広さは知れたもの。先祖代々の土地であることを宣言することによって、広い土地の所有権を子孫に継承していく。その象徴として墓を建て、先祖を崇拝するのです」

 同じ祖先を持つ親族の規模は拡大する。

「親族が膨張した結果できあがる究極の形が民族です。民族には始祖神話があり、語り継がれる。そういったものが核となり、民族の理念が確立され、敵対する民族が出現すれば、多くのメンバーが戦いにかり出されるのです」

攻撃本能起源説は戦勝国を擁護するもので、誤り

戦争の起源については、過去にも多くの学者が論じてきた。精神医学者のフロイトは1932年、科学者のアインシュタインとの往復書簡で「人間の心には破壊し殺害しようとする攻撃的本能が潜む」と述べた。動物行動学者のローレンツは63年「攻撃――悪の自然誌」に「人間は武器を発達させたために、攻撃行動の抑止機構を進化させないまま戦いを拡大してしまった」とつづった。

 「フロイトの説も、ローレンツの説も誤りです。ある意味で、戦勝国を擁護する学説です。戦争の原因は、人間の攻撃本能にあるのではなく、先に述べたように共同体の中で作り上げてきた人間固有の社会性に潜んでいるのです」

戦争を防ぐにはどうすればいいのだろうか。

「国と国、民族と民族、集団と集団の利害対立が生まれたとき、国や民族、集団への帰属意識や奉仕、共感といったものが戦争を引き起こす。そのことを、多くの人が冷静に自覚することが大切だと思います。だから紛争が生まれたら、双方の面目を保つ道を根気よく探り出すことも欠かせません」

集団間の境界を超えた帰属意識を、多くの人が持つことも重要になる。

「例えば、89年に起きたベルリンの壁の崩壊は、境界を超えた市民意識がもたらしたもので、東西の冷戦を終結させた。スポーツの世界や非政府組織(NGO)活動の現場レベルでも国境を超えた人と人との交流として活発に展開しています。人間が日常的に、国や民族のボーダーを超えて出入りしていれば、外国や他民族の他者への許容性は自然に高められるはずです」

太平洋戦争のときのように、気がついたら国全体が戦争への坂道を転がり落ちていたというような事態は避けたい。山極さんの話から、われわれ市民が学ぶべきは、まず愛国心や民族愛を巧みに操って戦争へと導こうとする為政者に目を光らせ、選挙などで早めに彼らの芽を摘むことであろうか。
[PR]
by ogawakeiichi | 2009-08-14 05:00 | 日本史&思想

腑に落ちないを俯瞰する。

「お塩」があっというまに「海苔P」に上書きされ「お塩」 がボケた。「お塩事件」 は死人がありながら,事件はジ・エンドである。なにやら匂う、クンクンくん。百済か新羅か高句麗か、はたまた選挙戦略か。

さて、本当に真剣にドラッグを禁止しようと政府が考えるのであれば、飲酒運転取り締まり並の体制を整えるべきである。つまりアルコール検出ユニットみたいな簡易ドーピング検査機器を広く流通させると同時に、その機器によるチェックを毎日行わせる。

具体的には、政治家、役人、芸能人、スポーツ選手、アナウンサーなどおよそ公職に就こうとするものは、定期的なドーピング検査を必ず義務づけるべきだろう。そういった体制をとる気配もないということは、表面的な取締姿勢とは裏腹に、政権のどこかにドラッグ利権を擁護していこうとする勢力が厳然としてあると勘ぐられてもしかたないと思う。

法で禁止することで、価格を上げる効果を生み、非合法なものを地下で流通させることで、闇の利権を生むというのは、歴史的に塩鉄専売のように古来からいくらでも事例のある古典的手法なのである。(引用サイト)
[PR]
by ogawakeiichi | 2009-08-13 10:09 | 只記録

 ISSEI MIYAKE

f0084105_921287.jpg
f0084105_9214880.jpg
f0084105_9221146.jpg

PLEATS PLEASE ISSEI MIYAKE

表参道交差点から根津美術館への通りにそれは現れる。
プリーツの製品で作った寿司とはねえ。
穴子が特にいいね!ネタを折り曲げたりしていないから商品が特定できる。

皺にならない、体型のシルエットが出にくい、食べてもウエストがきつくならない、
PLEATS PLEASEの高いブランドイメージがなど、いいことずくめ。
9月1日オープンと同時に海外からのお金持ちマダム達が押し寄せてくるな(笑)。

TUBU_BLOGより
[PR]
by ogawakeiichi | 2009-08-10 09:23 | 情報とデザイン

意識のズレは魅力的。

東京大学の佐々木健一は「ある種のズレが人々を魅了する」と言う。

さてこのズレというものだが、ズレを意識的につくるのがレトリックなのである。レトリックと言うと何やら難しそうだが、要するに何かに例えればいい。

簡単にまとめてみると、だいたい6種類。●換喩(メトノミー)。●隠喩(メタファー)。●提喩(シネクドキ)。●矛盾(オクシロモン)。●異形●誇張(ハイパーバリー)。などなどだ

まず換喩(メトノミー)だが、メトノミーとは、自分が考えていることをそれと関係性があるものに例える方法である。お風呂に入れると色や香りでいい気分になるだけでなく、お風呂自体もきれいになる。そういう商品であることを例えて「バスクリン(バス=お風呂、クリン=クリーン=きれいになる)」というネーミングが生まれた。「味の素」は食材や調味料の味覚をさらにおいしくするもの。それを「味」の「素=基本」と表した。

次に隠喩(メタファー)だが、アリストテレスは「メタファーは天才のしるし」とこの能力が高い人を賞賛した。これは直喩ととても似ているが、例えられるものが自分の考えていることと無関係であるところが異なる。「ジャガー」はクルマの名前である。ジャガー=豹のように、しなやかな外観で速いクルマであることを表したかったのであろう。しかし、クルマはジャガー=豹ではない。バスクリンがお風呂をきれいにするという意味ときわめて近い関係にあるのに対して、クルマ→ジャガーが無関係である点が異なる訳だ。「ロレックスエクスプローラー」は、キムタクがブームを起こした時計であるが、エクスプローラー=冒険者がするようなタフな時計であることを表現している。

提喩(シネクドキ)とは、類と種の関係を入れ替えるレトリックである。「米が買えない」と言うが、実際は米どころか食べ物が買えない状態を表す言葉である。この場合「食べ物」という類を「米」という種で表している。一方、「おめでた」という言葉は「妊娠」を表す言葉であるが、「おめでた=おめでたい」という類で「妊娠」という種を表している。ネーミングでよく見かけるのは、種を表現して類を表すケース。「グリコ」はその主成分であるグリコーゲンからきているが、グリコという成分でキャラメルという類を表現した。「カルピス(カルシューム)」「サプリ(サプリメント)」も同様である。

異形、これはグロテスクなものに変換する方法である。例えば「あなたの性格を色に例えなさい」と言われれば、「白」=素直、「赤」=情熱的、「緑」=おだやかなどのプラスイメージを想起するであろう。これを「黒」と言ったらどうか。黒は負けや犯人などのマイナスのイメージがついてまわるので、たいていの人はこれに例えない。しかし、もしその理由が「いろいろな人とうまくやれるのであらゆる色を取り込んで生まれる黒という色を思いつきました」と言ったらどうだろう。「なるほど」と思うのではないか。異形はこれと同じ効果を期待するレトリックである。「ケロリン」は頭痛薬であるが、ネーミングだけ見たらちょっと違和感のあるネーミングである。しかし頭痛がすぐすっきり治るの意でケロリンだと分かれば納得してしまう。「すいません」は生命保険会社の商品名。たばこを吸わない人を対象にした特約保険である。たばこを吸わないの意とたばこを吸う人はお断り=すいませんのダブルミーニングと読み取れる。

矛盾(オクシロモン)とは、相互に対立し矛盾するものに変換する。「キレカジ」はキレイなカジュアルの意。1990年頃に流行した、ジーンズに紺のブレザー(コンブレ)を合わせるファッションのネーミングである。カジュアルとキレイの矛盾をジーンズと紺のブレザーで表現した。「無印良品」も矛盾である。無印=ブランドでないものが良品とはこれいかに?

またトヨタのハリヤーのコマーシャルで、テキシードを着ている紳士の顔がライオンであったものがあった。このキャッチコピーが「ワイルド バット フォーマル(野性味があるが、正式なクルマ)」であった。これも矛盾というレトリックを使った例である。

最後に誇張(ハイパーバリー)。意味するもの以上に拡大変換する。「セメダイン」は「セメント(結合する)」と「ダイン(力の単位)」の合成語。とても強い結合を表現した。「クールミントガム」はミントだけでもすっとするものを、さらにクールを加えて超クールになることを表現している。「スーパードライ」もこれと同じで超辛口を表している。

初出 ダカーポ(マガジンハウス) 6/1号ダカーポ別冊P40「ヒットするネーミングはこういう風にできている」
[PR]
by ogawakeiichi | 2009-08-08 12:00 | 情報とデザイン