ブログトップ

彩遊記

ogawakeiic.exblog.jp

<   2009年 10月 ( 37 )   > この月の画像一覧

中医

中国の病院には、日本では聞き慣れない「中医科」がある。「中医」とは中国医学のこと。

西洋医学は薬を服用してなおす内科的な治療と、悪い部分を取り除く外科的な治療があるのに対し、中国医学では、針やお灸、気功、マッサージ、調合した生薬などを用いながら総合的に治療をする。

中国で生活していたある日のこと、ぼくは原因不明の頭痛が続き、訪ねた病院の内科では、診察ののち、中医科へまわされて数日間首筋へマッサージを受けた。

またあるときは、しゃっくりが終日止まらず、一般の病院から中国医学の総合病院を紹介され、顔とアタマに針を打たれ、背中へお灸をすえられた。

西洋医学のような即効性はなかったようだが、原因不明のしゃっくりも頭痛も、いつのまにかよくなっていた。
西洋医学では、まずは「どこが悪いのか」を探り、エコーなどの機材を駆使して診断をおこない、悪い部分を手術や、薬で治療していくのに対し、中国医学では、悪い部分をカラダ全体の一部としてとらえ、バランスをとりながらカラダを調和させることを目標に治療していく。つまりカラダのあらゆる部分はお互いに影響しあっていると考える。

ザクッと言えば、悪い部分を集中的に治療していく即効性のある西洋医学に対し、全体のバランスをみながら時間の経過とともに部分をなおしていくのが中国医学だ。

企画やデザインの仕事をしていると、即効性のある西洋医学的なやりかたと、ときに中国医学的な見方の組み合わせが必要になってくる。 

デザインは悪くないのに売れない場合、よくよくみると、売る商品そのものや、売り方や見せ方を含む全体のバランスが悪かったりする。また、その反対にモノはいいのに、デザインが悪いこともある。
つまり全体と部分の両方を同時に見ていく必要があるわけだ。

また、売れるモノをつくるのか、売れつづけるモノをつくるのかの違いもそうだ。
売れつづけるモノをつくるとは、ブランドをつくるということ。たとえば、瞬間的に売れることを求めるのなら、価格を下げたり、それなりのプランをたてて、キャンペーンをやり、試しに買ってもらったりと、一時的に売り上げを伸ばすことができると思う。

ただ、そこで買ってもらったものが、その後も買い続けてもらえるかというと、それは?だ。 

買った理由が、話題性や価格の安さだとすれば、そのモノの評価ではなく、話題性や価格の魅力によるからだ。

地域のブランドづくりということが言われて久しいが、ブランドをつくるには、デザインとキャンペーンの重要性はもちろんのこと、その価値がわかる人に喜んで買ってもらえるような、その喜びを、まわりの人に伝えたくなるようなしくみや環境をつくることも重要になってくる。

西洋医学と中国医学のように、まったく違う発想を組み合わせていくことが必要だと思う。



f0084105_190519.jpg
[PR]
by ogawakeiichi | 2009-10-31 08:43 | 南日本新聞コラム

中村や

f0084105_10263991.jpg

平成8年5月、三島村硫黄島では世紀のビッグイベントが行われた。NHKと民放は1時間の特番をつくった。中村勘九郎を座長とする、中村屋が「俊寛」を、物語伝承のある現地で演じたのだ。そのときのビジュアル担当が、わたしの率いるチームラサ。(※今、北京で暮らす岩田安代がイラストを担当した)。勘九郎がこのポスターはどこでつくったのと聞いたらしく、新聞社が取材まできた。中村獅童も勘太郎もいた。活気に満ちていた。そのとき、勘太郎は中学生だった。中村勘太郎、昨日、結婚。
[PR]
by ogawakeiichi | 2009-10-29 11:01 | 只記録

魚群のルール



ミツバチのルールとか、魚群のルールとか、アルゴリズムの振る舞いを自然界からぱくって、アイデアを移植できるってなかなかイイゾ。
以下、引用
日産自動車は、最先端IT・エレクトロニクスの総合展「CEATEC JAPAN 2009」に、「ぶつからないクルマ」の実現に向け、魚群のルールで群走行するロボットカー『エポロ』を出展する。

同社は2006年より、自動車メーカーとして唯一、CEATECに出展している。08年のCEATECには、ハチの行動解析にもとづく衝突回避技術を搭載したロボットカー『BR23C』を出展した。BR23Cはロボット単体で障害物を回避するものであったが、これを進化させ、群走行しながらぶつからないロボットカー、エポロを開発した。

開発にあたっては、海中の障害物を回避しながら、集団の中でもお互いにぶつからずに泳ぐ魚群の習性に着目し、その3つの行動ルールをエポロの走行制御に応用した。3つの行動とは、(1)衝突回避:仲間の魚とぶつからないように進行方向を変えようとする、(2)並走:仲間の魚との距離を一定に保つために並走しようとする、(3)接近:仲間の魚と遠すぎるため、近づこうとする、の3種類。

一般的に魚は、「側線感覚」と「視覚」により周囲環境を認識し、3つの行動ルールに従って魚群を形成する。エポロは、この「側線感覚」をレーザーレンジファインダー、「視覚」をUWB通信技術により実現した。《高木啓》
[PR]
by ogawakeiichi | 2009-10-29 09:54 | 情報とデザイン

世界を変えるデザイン

f0084105_4572261.gif最近、フェアトレードとか、アフリカとか、インドとか、風に立つライオンとか、出会いが続く・・・う~ん、やっぱこっちだよな。。。起業早々、ど~も、腑におちない説教話に辟易したおりましたが・・

世界の全人口65億人のうち、90%にあたる58億人近くは、私たちの多くにとって当たり前の製品やサービスに、まったくといっていいほど縁がない。

さらにその約半分近くは、食糧、きれいな水、雨風をしのぐ場所さえ満足に得られない。

この残りの90%の人々の生活を良くするには、何が必要なのだろうか。「思い」だけでは、何も変わらない。お金の援助も、それだけでは不十分。実際に人々のライフスタイルを改善する、具体的な「もの(製品)」が必要なのだ。

そのような「もの」をつくる上で、「デザイン」の役割は欠かせない。たとえば、アフリカには、井戸で水を汲み、何キロも歩いて家に運ぶ人々がいる。水を運ぶの重労働だが、ドーナツ型の容器があれば、子供でも、転がして楽に運べる。

シンプルだが、考え抜かれたデザインが、人々の生活を大きく変える。消費社会にあふれる「もの」とは少し異なる、世界を変えるための「もの」。

世界には、そんな「ものづくり」に取り組む人々が大勢いる。デザイナー、エンジニア、学生、研究者、建築家、社会起業家、そして現地の人々。

彼らはグローバルに連携しながら、世界中のすべての人が食料や水、住まい、保健衛生、エネルギー、教育、などを得られるようにする方法を生み出している。彼らは、この世界の「本当のニーズ」に目を向け、その先に夢を見ている。

彼らが生み出した革新的な作品を集めて、2007年、アメリカのスミソニアン/クーパー・ヒューイット国立デザイン博物館において「残りの90%のためのデザイン展」が開催された。本書は、その記録である。

パート1では、いま進行中の「デザイン革命」について専門家が解説する。パート2では、先駆的なプロジェクトの事例を現場の声も交えて紹介する。パート3は、展示会に集められた多種多様な製品のカタログだ。

豊富な写真と示唆に富むエッセイを通じて、世界に残されたさまざまな問題のリアルな姿と、「デザイン」と「ものづくり」の大きな可能性が見えてくる。i引用先
[PR]
by ogawakeiichi | 2009-10-28 21:53 | 情報とデザイン

目標を持つことについてのたわごと

『目標をもちなさい』とよく聞く。つまり、将来をいかに実現していくかというところに重きが置かれ、ゴールを描いて、そこにどう到達するのかの戦略を考え実行に移すやり方だ。

それはそれで必要なことだと思うのだが、その際、視野にあまり入れることがなかった時間の経過とともに変化する環境のなかで、いかに自分の思いやビジョンを継続させるかをきちんと模索する必要がある。

自分も変化しながら、なおかつ自分の思いや意思を持続させていくということは、目標へ向かうベクトルを固定させることとは根本的に違うわけだ。つまり、自分たちの思いや意思を持続させるためには、変化する環境、変化する自分たち自身を認めた上で、どう思いを持続させるかを考えなくてはいけない。

『目標をもちなさい』は自分たちのいまや将来への見取り図を持続させるために、できるだけ周囲の環境には変わってほしくないという期待を込めて考えられているようなフシがある。

もっというと、時間によって変化する環境に思考的にどう対処するかというインタラクション的発想の思考ができないから、静止した時間のいま置かれた環境のなかで将来を云々してしまっているのではないかと思うわけだ。

経済環境は変わるし、文化も変わる。年をとるし、思考や生活スタイルをもった若い人がどんどん社会に入ってくる。

産業の構造も変化すれば、生活や仕事のインフラも変わっていく。

企業ブランドであっても、地域ブランドであっても、そうしたなかで自分たちの思いを持続させ、かつ自分たちの生活そのものを成り立たせるにはどうしたらいいかということを考えていかなくてはいけないはずだ。

『目標実現』のため、周囲に害毒を撒き散らすようなことだけは避けてほしい。ピラミッドを積み上げる持続性とはちがう、20年に一度の伊勢の式年遷宮のような持続性。

つまり、周囲に関係なく「個への即効性」の目標を説く、西洋一神教とはちがう、個と類を俯瞰した上で、ビッグピクチャに向かいひらひらと舞う東洋的な目標の持続性だ。

とはいえ、その前に前提として『目標をもちなさい』とは違うビッグピクチャが描けていなければ、持続もへったくれもない。
[PR]
by ogawakeiichi | 2009-10-28 15:19 | 只記録

今朝の太陽

f0084105_7561860.jpg

今朝の鹿児島から見る太陽は、まさしく、こんな感じ。櫻島の真上に昇った
島津ポスターシリーズ
Desing  By Ogawa Keiichi
[PR]
by ogawakeiichi | 2009-10-28 07:59 | 只記録

あやしいを晒す

久しぶりに「金」を先行させる世界に足を踏み入れてみると。。。おまえはあやしいなどと・・なにかと周囲がウザイ。経歴を示せ、なにをしたいのかはっきりしろ、などなどセマラレルのだが・・。セマル方に、似かよった文脈と言語がないと、これはこれですれ違いだと思うのですが・・。 



1955年薩摩川内出身。かごしまデザイン協議会理事、鹿児島トライアスロン協会理事を経て、中華人民共和国桂林旅遊学院美術学部客員教授。帰国後、SOHOかごしまにて社会、文化、思想、身体、アートなど領域をまたぐ企画プロデュースや研究開発を手がける小川景一企画制作室を設立。2005年から南日本新聞にエッセー「彩遊記」を掲載中。

続きを見る
[PR]
by ogawakeiichi | 2009-10-27 11:37 | 只記録

123


1985年、もうあれから24年も経ったのか。ボイスレコーダーが公開されて5年。中国の教員宿舎で聞いたのが初めてだった・・胸が詰まった。

123便の事故当時、ぼくは、ある経営者の団体に属していたが、それがまたユニークな団体で、毎年変わる代表幹事が提出するテーマで一年間、研究会をやっていた。オカルトあり、中国あり、経営あり、宗教あり、身体あり、経済ありと実に多彩。さながら情報のシンクタンクは瞠目の連続だった。そんなある日、そこで123便の 情報 が出てきたのだが・・「沈まぬ太陽」にもさりげに散りばめられているらしい、週末にでも見てこよう。
[PR]
by ogawakeiichi | 2009-10-27 07:59 | 只記録

イノベーション

コンサルやるには口先だけじゃあなく、発想を創発しカタチに誕生させられ、物語を語れるデザイナーが最適だと思う・・。相手と心中できる覚悟をもったデザイナーが最適だと思う・・。世の中にはいろんな商売があるし、営業妨害はしませんが・・・。しかし「脅しと煽りと騙し」だけはいただけませんなぁ・・。

ところで、イノベーションを調べていたら、とっておきの文章にであった。

IDEOが教える「イノベーションを生む秘けつ」
インタビュー: 坂和敏(編集部)文: 坂本和弘

=========

英国のEconomist誌が、「いまやイノベーションは現代のあらゆる経済圏において、もっとも重要な要素とみなされている」と宣言した。

 今でこそ「イノベーション」という言葉は日本にも浸透してきたが、ほんの数年前までは、「イノベーションとはなにか?」と質問をすると、「新たな物を生み出すこと」とか、「古い体質から新しい体質に生まれ変わること」という答えが返ってきていた。単に「技術革新」と訳している辞書もあった。

 これらの答えは間違いではない。だが不完全だ。

 イノベーションという単語は、オーストリアの経済学者ヨーゼフ・シュンペータが、その著書「経済発展の理論」の中で「経済循環の軌道が自発的・飛躍的に変化する現象」という意味で使ったのが最初で、「新しい財貨の生産」「新しい生産方式の導入」「新しい組織の創出」「新しい販売先の開拓」「新しい仕入先の獲得」の5つに分類されている。

 あらゆる新たなものを創出し、常に変化を求めていく。それがイノベーションの根本である。

続きをよむ
[PR]
by ogawakeiichi | 2009-10-26 08:42 | 情報とデザイン

大日本史の周辺

f0084105_5542353.jpg薩摩出身の元・夢の遊眠社員Wに上野不忍池でシャブシャブをごちそうになりながら、つらつらと明治帝について語り合ったのは一月前。Wは高校の頃から歴史につよく、日本史の得点だけで、大学の演劇学科にはいった。←すまん。。

野田秀樹率いる夢の遊民社は当時、学生演劇の極であったが、演劇学生の多くが活動資金や糧を得るため副業もやっていた。気がつけばWはいつのまにやらそっちのほうのトップとなり、いまは神宮絵画館などの名建築の補修をやる会社の社長である。さてさて、長いあいだ、ぼちぼちとかかわってきたものの一つに明治維新へのトリガーとなった大日本史があるのだが。いよいよ、こっちへ載せてもいい時期かな。日本史にあかるいWへの返礼・・(笑)

続きをよむ
[PR]
by ogawakeiichi | 2009-10-25 17:51 | 歴史アブダクション