ブログトップ

彩遊記

ogawakeiic.exblog.jp

<   2009年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ブランディングのたわごと

先日も書いたが、仏教の、般若心経では、色即是空・空即是色。照見五蘊皆空。・・と説く。

つまりブランドもそうだが、そんなもん人間の想念がつくったもので実体なんてないんだと説く。

そうはいっても、現世には欲求がある。そこで、この欲求ベクトルの向かい方が、ブランドにとって重要な意味をもってくる。

ブランドの語源をしらべてみると、「焼印をつける」ことを意味する。家畜を出荷するとき、生産者を示すシンボルだった。

懇切丁寧に育て上げた家畜を出荷している生産者であれば、その焼印を見るだけで、買い手の間では自然と、良質の肉が取れることを意味した。

家畜を大切に育てるには、並大抵の苦労があったはずだ。本来ブランドの背中には、血と汗と涙や、代々受け継がれてきたノウハウ、信念やプライドが見え隠れした。

企業でいえば受け継がれてきた社風や「企業理念」であろう。

企業理念にとって重要なことは次の3点だと思う。●組織が社会において「何のために存在するのか」。●組織の行動についての行動規範を表し、それが社会の発展に平和的に貢献するものであること。●環境が変化しても普遍的で見失うことのない価値観を提示していること。

美辞麗句ではあるが、決して軟派な定義ではない。強い定義である。個人的には、上記の3点はできれば表沙汰にするのではなく、伏せた行動指針にすれば、なおカッコイイ。

万が一の危機や重要な判断が必要となったときには、この企業理念こそが最後の拠りどころとなる。こうした理念に沿って構築した企業は強い組織の形態で、その継続が企業ブランドになっていく。

どうもいま、ブランドとは、「競合他社と識別・差別化を目的としたデザイン」という意味で、当たり前のように使われている。

何か新しい事業を起こしたければ、ブランディングをすることが大前提となり、そのためのブランドをつくる仕掛けのシナリオづくりに特化したコンサルタントが溢れ、その下に沢山のデザイナーが群がる。

多くの文脈においてデザインは、商品に売れる要素の『味付け』程度のものとしてしか理解されていない。デザインが比較的、底辺に位置づけられているのは、そんな理由からだろう。「※なかには、底辺がイイというデザイナーもいるにはいるが・・そりゃあ、昔の版下屋さんだ。」

企業理念を大衆へ適切に伝えるためのブランディングならいいのだが、新自由主義の上陸以来「競合他社と識別・差別化を目的とした仕掛け」に付け焼刃のデザインをブランディングということが横行していた。対峙か退治か?。
[PR]
by ogawakeiichi | 2009-11-30 21:24 | 情報とデザイン

宮園広幸滞欧展《鹿児島市立美術館》

▼Desing by Keiichi Ogawa



f0084105_13573960.gif


f0084105_1455973.gif

[PR]
by ogawakeiichi | 2009-11-29 13:01 | VIデザイン

日本ブランド

f0084105_939185.gif昨日、家人が「ブランドって何なの?」と聞いてきた。「顧客が、感じる全体の評価じゃないの」と答えておいた。ここで言う全体とは単体へ還元できない連鎖をもった全体性のことで、ブランド化とは、まっさらなものに味覚や視覚ががついていき、具体的なイメージができそのモノに気持ちの志向性がむいていく過程みたいなものだと思っている。

じつはこの過程、般若心経の五蘊でもある。五蘊とは、私たちの身心を構成する5つの集まりとされる、次の5つだ。

色 : 形あるもの
受 : 感受すること
想 : 具体的なイメージ
行 : 気持ちが志向すること
識 : あらゆる知識や認識の総体。

つまり、カタチあるものを感受し、具体的に好感というイメージをもち、それを欲する志向がうまれ、それを共同知として認識していく。2000年も前に、仏教は逆説的にブランドを知っていたのだ。

もともと般若心経は、これら五つが『空』であることを説く。

般若心経では、カタチがあると思っているものも、実は実体の無いものですよと説いているのだが、ブランドつくりの文脈では、これをパラドックスすればいい。つまり色受想行識の、この五つがぼくらのイメージを形成し、そのイーメージが物語を形成し、八方へ発信されブランドという共同知になるということだ。

この過程を俯瞰して、ここに『仕掛け』をつくるのが、ブランディングだ。

昨今、この『日本ブランド』に関わることになるような気配なのだが、すでにこのプロジェクト、おっとっとなのだが、とは言っても、JAPANをなんとかせにゃあいかん。・・

着物といえば、日本様式の代表に思われているが、実は時代によって様々な仕掛けで変化してきた。

西陣の友禅文様などは王朝や、御所の文物がモチーフになり、江戸の琳派や角倉了以などの豪商による仕掛けによって日本の伝統文様になってきた。

こう見ていくと、日本ブランドは、仕掛けたシナリオと、日本人が本来持つ身体に染み込んだ日本イメージの二つの結びが重要になってきそうだ。

日本というのは千年来、コード(記号、慣例)を外からもってきて、それを国内でモード(様式)化した。つまり日本流に再編集しなおした。

コードからモードにするとき「ふるまい」「もてなし」「しつらえ」を一緒に考えた。その三つには間の取り方の「間」というものが加わってくる。つまり、時の流れを含めてブランド化した。

ブランドとして日本を外に出そうとすれば、鹿児島のモノを日本ブランドの一つとして外に出そうというのであれば、鹿児島や日本というものの在り方、特徴を抜き出し、触れられるようちゃんと仕掛けていくべきである。

中国や韓国との違いを『カタ』や『カタチ』でちゃんと明示していくべきである。

『薩摩の飲茶』じゃ銘示からとんちんかん。
加えて“飲茶“”は地方限定の広東語ですよ。
[PR]
by ogawakeiichi | 2009-11-28 09:43

いざ!

丸の内・松丸本舗ワキにて編集奥義を極めた面子でのプチ舜天講。我が日本とアジア史観を放つが、かって知るメンバーにリラックス。スピード口伝のアブダクションはカオスの淵で暴走したか?、、こちらには一旦ケリ。ミッドタウンのJAGDA参りを終えて帰鹿。

f0084105_16532771.jpg

      セイゴウちゃんねるより拝借/松丸本舗一番うしろはSP

アドバタイジングから距離をおき、プロダクトやシステム、アーキテクチャに魅せられるようになったのは、ものづくりの物語の濃厚さからくるものか。(歴史)ヒストリーは Hi・・Story。高みから物語をつくること。

自らの手を動かし身体と連動した場からの物語発信は、そこはかとなく立ち昇る香ばしさがある。総編集も本座にちかい。

一戦にはオラリティーも必須だな。

俯瞰網羅しての禅機をもっての一点突破。二番太鼓の乱打待ち。
前章モデルにこんなんもありですな。。もっとも、東アジア版だけど。

NIPPON VISION2 GIFT

NIPPON VISION

D&DEPARTMENT

IIDA

↓おまけ
新日本様式

日本は本来、自前のコードをもたない国である。
建築、造船、青銅技術も鉄の技術も大陸から教わった。
コードからモードにするとき「ふるまい」「もてなし」「しつらえ」を一緒に考えた。
ユーザーの振る舞い。設え。そして持て成し。
その三つには「間」というものが加わってくる。
キーワードは「ふるまい」「もてなし」「しつらえ」「間」そして「引き算と余白」。。。
[PR]
by ogawakeiichi | 2009-11-26 22:32 | 只記録

ザクッと備忘録

あっというまに時間が過ぎますな。新聞掲載原稿を書き終え、高校担任の定年を祝う同窓会を終え。悪友Mの依頼で某校での講義を終わらせる。内輪っぽいセミナー?の、資料づくりと記録ビデオを編集、あやしと思われているふしのある我を晒すが、もっと法螺を吹くとか思ったの天外な感に、忍。

打ち合わせと、相談事の連打。中国人劉君の恋愛と金儲けの相談事に真剣に乗り、やりすごす。

小倉へ向う。師匠M、館長、組長、北九州経済の肝とお見受けしたお方と、往年のプロ野球選手K氏を前に、ただただ緊張の宴席。清張最後の遺作、『神々の乱心』で、朱舜水から現代へのアブダクションがすっきり繋がる。すっきりすっきり。小倉行きは仕組まれていた?!。←シエルドレイクか?。師匠Mと清張編集を支え続けたF女史の掛け合いに、『身体性の美』を観たのちに、バタバタと高速夜行バスで帰鹿。

これまた友人Mの滞欧展の打ち合わせ。名山掘りで、大隅のやんごとなきお方を加え、海外談義。ところが、羽目ををはずした気配もないのに、二日を過ぎた三日酔い。

K大からK先生の使者を迎えて、なにやら始まる気配。のるか、そるか、、乗せられようか。

先月に続き、重要縁起で、再び上京。北海道と吉祥結び。よかった。よかった。やってくる偶然を覚悟の必然化した弟子にも、天晴れ。
[PR]
by ogawakeiichi | 2009-11-26 12:31 | 只記録

ぐっとデザイン賞のたわごと

先日もエントリーした『ぐっとデザイン賞?』だが。。
儲けのネタに説くのは、勝手ですが。
ちょっと、一言。

その年に発売されたプロダクトを可能な限り全部見て、一流の心あるデザイナーとかがまじめに選んで選び抜いた権威ある賞。優秀なデザインに対して、よくやったということで受賞が与えられるものと思われているが。・・

それがなぜか、この有様。エントリー料収入だけで1億5000万円をたたき出す見事な受賞ビジネス。
受賞してもマークを使うのになぜか使用料取られる。しかも販売価格や総事業費用に対して値段がかわる。


販売価格 総事業費用 使用料
50万円未満 5億円未満 200,000円(税込み)
50万円以上500万円未満 5億円以上50億円未満 500,000円(税込み)
500万円以上 50億円以上 1,000,000円(税込み)

さらに、審査対象数 2,945件 に対して受賞が1,043件。
猫も杓子も応募できて『三分の一』が受賞。そしてこの使用料。

さらに、エントリーするにも金が要る。。。
そして二次審査に進むとさらに金がかかる。。。
二次審査料の跳ね上がり方は目を見張る。
そんなあ~。

グッドデザイン賞は元々、通商産業省が創設したものなのだが、それが民営化し財団法人となった。 民営化したとたんにエントリーの数が急増(約10倍)しボッタクリも尋常じゃなくなった。 団体を維持する金がかかると言われたらそれまでですが、Gマーク受賞を励みに切磋琢磨し、またその受賞でビジネスを拡大したい中小企業のデザイナーいることも確かだが、財団がそんなことを繰り返していくうちに、グッドデザイン賞が巷にあふれ、結局何がグッドデザインなのか分からなくなってきた。


本当にほしくて、美しいと思うものはGマークとかついてなくても自分で選ぼうよ。
[PR]
by ogawakeiichi | 2009-11-25 15:28 | 只記録

南日本美術展

f0084105_1283483.gif

▲Desing by Keiichi Ogawa
[PR]
by ogawakeiichi | 2009-11-25 10:33 | VIデザイン

ローウィの仕事

「感じるデザイン」から、「理解するデザイン」へ移行していく気配なのだが。それは、欲望を刺激するデザインから、概念を刺激するデザインへの移行でもあるのだが・・・。まだまだ新自由主義がはびこっておるようだが、・・。以下、引用

アメリカのデザインがあくまでビジネスとして発生したことが、生産者と生活者を結ぶデザイン方法論を導いた。

クライアントに自分のデザインを採用させるためには、「生活者がそれを求めている」(だからこれを採用すればあなたは儲かる)と主張しなければならない。

ゆえに、アメリカのデザイナーは生活者の代弁者を気取る。そこに生活(人間)を観察し、そこからものの有り様を考えることがデザインであるとの主張が生まれてきた。

*ローウィの手法は、MAYA(Most Advanced Yet Acceptable)といわれる。デザイン(外観)の場合、もののかたちは「消費者の了解」のもとに進められる。あるかたちを提供されると、消費者は「以前のかたち」と照らし判断する。変わっていなくとも、また変わりすぎていても消費者の支持は得られない。

現実の商品デザインの大半はある意味でデザイナーと消費者の「駆け引き」のなかで生み出される。デザイナーがどんなに変えようと思っても「変かえられないかたち」を、アメリカの(初期)デザイナーは「サバイバル・シェイプ」と呼んでいた。

ローウィのデザインの方法(機械的なメカニズムに粘土を盛ってお化粧するといった方法)については、「機械の本質(その機器がなんであるか)をかたちにすること」「技術にかたちをあたえること」がデザインとする思想(デザインを文化的な所産と捉えるヨーロッパ流の思想)から見れば噴飯ものであろう。ただここには、「デザイン」という知恵の一端が現れているように思われる。ローウィの仕事を「デザインの知恵の発揮」という視点から再検討してみたい。

○ローウィの仕事は、相手の要求、3日間、2000ドルという前提条件から出発し、「売れるようにする」という明確な目標を持っている。つまりローウィは自ら進んで印刷機をデザインしようとしたのではなく、あくまでクライアントの問題解決の手段として「デザイン」したにすぎない。

○ローウィは、この与えられた課題を「機器を買う側、使う側がどうあって欲しいと思っているか」という視点から解こうとしているように見受けられる。それも「機器の使いやすさ、便利さ」と言った視点ではなく、「これを買えば認められる、自慢できる」といった、購入する側の「やや卑しい感情」までもくみ取ろうとしている。というより、それを起点としてかたちをまとめているのではなかろうか。ローウィはそうした感情をくみ取れない機器は「売れない」ということを知っていたのだろう(だからビジネスマンとして成功した)。

○ローウィの方法を翻訳すれば、まず「売れるもの」=「他人に自慢できるもの」と捉える。その機器がどう自慢できるかを考える(たぶん場面的なものを想定しているのだろう)。購入する側の「ささやかな自慢」といたものが、そう本質的なものであろう筈がない。「あんたはもってないだろ」「おまえのは古いね」といえる程度、つまり時代をほんの一歩リードできる程度でよい。時代は「スピード、スマート」さを求めている。つまりかたちは、ちょっとばかり「スピード感があり、スマートなもの」であればよい。そこで機器のメカニカルな内容にはお構いなしに、「スマート」なかたちをかぶせていく。そんな方法なのであろう。

○「売らんかな」というえげつない方法とはいえるが、(好意的な見方をすれば)機器の外部から機器のあり方を検討し整理したもの、より正しくは、その機器を媒介として、人間と人間との間にどのような新しい関係が生まれるか、という視点から機器を設計していく手法といえなくもない。ヨーロッパのデザイナーがデザインの対象に選ぼうとするのに対し、アメリカのデザイナーは対象にこだわらない。このことは、彼らのデザインが思想表現ではなく、一つの問題解決手法(設計手法)として自立しているからであろう。

○なぜローウィのような仕事が求められたのであろうか。この時代(1920年代)、産業は大量生産したものを一般生活者に大量に販売することが難しいことに気付き始める。生産の論理は合理的、理性的であるが、消費の論理は個別的、感情的でもある。個別的、感情的である生活者を量的にまとめることができればビジネスは成功しうる。この生産と消費のギャップを「機器を外側から見る」視点から埋めていく方法論を提示したものして、ローウィら初期のデザイナーの仕事が注目されたのであろう。

○このように見ると、ローウィらは機器にかたちを与えたというより、「機器を求める気持ちにかたちを与えた」といえるのではなかろうか。生活者の気持ちを汲み取り、それを一定の方向へ誘導する技術(生活者を消費者へと囲い込む技術)、つまり生活者の欲望を刺激し、それを産業にとって都合のいい方向に組織化する方法として、「インダストリアル・デザイン」という一つの技術が成立したと考えるべきではないか。その意味で、「インダストリアルデザイン」は、産業の申し子以外のなにものでもない。

「機器の本質にかたちを与えること」がデザインであるとすれば、ローウィの方法は邪道である。ただし、機器の外側、つまり購入者、使用者の要求の側から機器を設計していく一つのデザイン(英語でいうデザイン)を確立したという点では、評価すべきではないだろうか (日本デザイン振興会 青木史郎)
[PR]
by ogawakeiichi | 2009-11-20 21:50 | 情報とデザイン

混沌からのたわごと

時間のベクトルは未来へ向かって行くのではなく、未来からこちらへ向かってくるものを、右へ左へとゆらぎながらやりすごしているわけだが、昨今周囲の『個の損得という、前頭葉の興奮』 優勢環境は、カウンターとして『個体としての生命実感を引き起こす遺伝子』を益々覚醒させ『現実創造』を誘発していく。その核は、縄文時代からの感性を引き継ぐ、我の中に在り。

古代が、わからねば日本はわからず。天皇がわからねば、現代はわからない。明治維新からのグレートゲームと、日本と中国の皇室に関わる秘史も踏まえた俯瞰を、昨日のK大K先生からの電話を受けケリがつく。←ふふふ。

量子力学は、意識と出来事の因果学。つまり量子力学では、観測者が何を観測しようとしているかによって観測結果が変わるのだが、我々の実体は万能の意識であり、その意識たる我々が、望む自分の身体や心を観測することを断固として決定すれば、それはそうなるのである。
[PR]
by ogawakeiichi | 2009-11-20 08:33 | 只記録

marina Hirano


気がつけば、わが一族.こりゃあ、言う事がおんなじ血ですな。
[PR]
by ogawakeiichi | 2009-11-19 23:47 | 只記録