ブログトップ

彩遊記

ogawakeiic.exblog.jp

<   2010年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

???

先月下旬、鹿児島市日中友好協会総会の席で小一時間、話す機会を与えられた。

会場についてみれば、お歴々の大先輩、名前だけは知る中国通の日本人、中国人留学生、国際交流員の方々などなど、中国に詳しい人たちばかり。

その場へ来たことを後悔したが、もう後の祭りだ。

ぼくは『日本とアジアの見方~変化のまっただ中で暮らした中国十年~』とのタイトルで、語ることになる。

デザイナーの視点から、日本と中国を、二つの焦点をもった楕円に見立てて、生活、歴史、アジアの価値観、そしてブランドまで高速連射したものの、いわば、中国に関するプロを相手に冷や汗ものの講演でもあった。

そのときの話をかいつまみ、話たらなかったところを補いながら振り返ってみたい。

さて、アジアを語るときに、どうしてもはずせないことがある。

もともとアジアにはアジアの多様性が息づいていた。

アジア独自の多様な価値観に基づいた社会があった。

それぞれの国は、国内の社会秩序とアジアの国際秩序をつくっていた。
当時は農耕社会を基礎に、日本は武家社会、韓国はヤンバン階級、中国は官僚制度をつくっていた。

農耕社会の基本は、土地と水を共同で使い、共同体での経営である。
それに対し西洋は私的所有の概念で土地を分け、自由という競争社会をつくっていった。(今、中国さえも政治は社会主義だが、経済は競争社会だ)

話は変わるが、ぼくの中国での生活は右も左も、まったくわからないところにはじまった。
エスノグラフィーと呼ばれる民俗学の対話の方法で、周囲とコミュニケーションをとっていった。

大勢の仲間とコミュニケーションが成立してくる頃には、顔は似ているのに異なる文化や政治体制、歴史認識の違い、生活習慣などなどに、モヤモヤとした違和感をもちはじめていた。

言葉にできない、モヤモヤは、コミュ二ケーションの深まりとともに、次第に「分る」「判る」「解る」となった。

つまり、違いを、違いとしての「理解」がはじまる。

それが極まり「好き」になっていく。

じつは商品をブランドとして認識していくのも、ちょっとの仕掛けがあるものの、この過程と、とてもよく似ている。

現在、中国に進出した、日系のコンビニは、日本式の管理方法で、急成長している。一番の売れ筋は、「おでん」だという。 日本に留学した中国人が、その味と手軽さを覚えて帰国し、友人や家族にそれを伝えて広がった。

また、中国から日本へ高度医療を受けに、また温泉で保養にくる日がやってきた。  

なかでも九州は、中国には少ない温泉と美しい海岸線と火山をもち、美味しいたべものもある。 

いよいよ日本の花鳥風月が、九州が、鹿児島がブランドとしてアジア全域に広がる時が来ている。

とりとめもなく、そんなことを語った。
[PR]
by ogawakeiichi | 2010-04-30 11:21 | 南日本新聞コラム

検察審査会

検察審査員・補充員

 検察審査会は,被害者からの申立てなどを基に検察官のした不起訴処分のよしあしについて審査することを主な仕事としている組織で,選挙権を有する国民の中から,それぞれの地域ごとにくじで選ばれた11人の検察審査員で構成されています。直接裁判の手続に携わるわけではありませんが,刑事手続の中に国民の良識を反映させ,よりよい刑事司法を実現するために設けられている制度であり,全国に165 か所あります。

 検察審査員の選定は,次のような手続で行われます。まず,市町村の選挙管理委員会が,選挙人名簿の中からくじで検察審査員候補者予定者を選定します。次に, 検察審査会において,その中から,司法関係などの一定の職務に就いている人などを除いた上で,検察審査会事務局長が,くじで11人の検察審査員と,検察審査員に欠員が生じた場合などに, これに代わって補欠・臨時で検察審査員の仕事をする11人の補充員を選定します。検察審査員と補充員の任期は6 か月で,会議に出頭した場合には旅費や日当が支給されます。

 検察審査会は,検察審査員11人が出席して会議を開きます。検察官のした不起訴処分のよしあしを審査するに当たっては,検察庁から取り寄せた捜査記録を調べるほか,申立人から提出された意見書や資料を調べたり,必要があるときには,申立人や証人を尋問したり検察官の意見を聴いたりします。会議は非公開で行われるので,検察審査員は,自由な雰囲気の中で活発に意見を出し合い,自分の良識に従って不起訴処分のよしあしについて判断することになります。検察審査員には,特に法律の知識などは必要とされていません。実際の審査に当たって法律上の知識などが必要なときは,弁護士(審査補助員)の助言を求めることもできます。

藤原信也さんとこ
今回、小沢起訴を検察審査会に申請した市民団体とは「在特会」つまり在日特権を許さない市民の会の代表である桜井誠氏という情報がもたらされている。

あるいは「真実を求める会」という”市民団体が関与したという情報もある。
[PR]
by ogawakeiichi | 2010-04-30 10:55 | 只記録

グラミン銀行とマイクロクレジット

K大のフェアトレード講義はパキスタンからバングラのワークショップへ、コロンビアからリレーを受けてブランドへのアウトプットへと進んでいくが、グラミンとマイクロクレジットのなんたるかは、通過せねばならない知でもある。昨今、関西D通、福岡T版の、どちらかといえば大型中間搾取を生業とした二人の親友から同時にこの単語が放たれたのには驚いた。世はどうやらこっちへも振れてきたようだ。




ここ
=========
●vol.1●
21歳の女性が貧困から抜け出せた!
バングラデシュで成功したグラミン銀行

  21歳のソフィアの仕事は竹の椅子作り。1日働いて得られる利益は、わずか2セント(2.5円)だ。仕入れのお金を高利貸しから借りるため、1日10%もの利子を取られてしまうからだ。ソフィアの手元にはほんのわずかしか残らない。でも、貧しいソフィアに材料費を貸してくれる人はいなかった。これは 1974年、バングラデシュのある村に実際にいた女性だ。

More
[PR]
by ogawakeiichi | 2010-04-28 23:41 | 情報とデザイン

中国人観光客購入に対しての問題点とその対応。

公に提出した、報告抜粋。共同知にすべく掲載する。←そんな、オーバーな。。もう、随分昔のヤツですので、時代にソグワナイ部分はご容赦を・・。

中国人観光客購入に対しての問題点とその対応。

●日本と中国の購買方法や、一般的想定外の出来事については3月12日に商工会議所にて、 「We Love 天文館協議会」メンバー約70人に対して、事前研修をおこなっていたため、中国人観光客との間で大きな文化的トラブルが起こること無く無事に終了。

しかしながら、将来に向けてより発展的な中国人観光客との交流およびビジネス進展のため小問題と対応をピックアップする。
=========================

●観光客の値引き交渉への対応問題
中国側の商習慣として、値引き交渉は一般的であるが、それに関して、日本側の戸惑がみられた。また、値引きしなくても良い場面に関して、値引きをしてしまうなど、個々の値引き交渉に時間を取られ、売上に直結しないケースがみられた。
▼  ▼
大量購入者を除き、基本的に値引きしない。
サンプル等を渡すことで対応する。


●観光客の商品チェック問題
商習慣として家電製品等、パッケージからとりだし、実際、作動することを確認してから購入する中国側の購入に対し、サービスと通訳不備、ならびに確認場所のスペースなどの問題で混乱するケースがみられた。
▼  ▼  
スペースの確保と、在庫確認、専門用語の徹底と優秀な通訳確保。K大学留学センターとのコラボレーションが望ましい。


●値引き商品に関する問題
家電量販店の現金キャッシュバックなど、購入客にしっかりした説明をなされていないため、量販店を購入客が店をでたあと、お客が疑問を訂し、日本側、中国側とも混乱をしたケースがみられた。
▼  ▼  
通り会スタッフと個店、日本人通訳と中国人通訳との連携プレーで問題解決。


●通りや、館内放送に関する問題
団体客に対しての集合案内放送が、各通り、デパート、量販店と個別に分かれ一元化されておらず混乱するケースがみられた。
▼  ▼
館内、通り会の案内放送一元化。


●元やドルでの購入の問題
元、日本円の両方を併記の店舗では元での購入の場合、手数料をくわえ、高めの設定をしてあったがなかには、これが混乱をきたす原因になるケースもみられた。
▼  ▼
中国語POPでの告知の徹底。


●両替問題
想像以上に、ドルや元での購入が多く、レートの計算に手間取っていた。また、通訳への負担も大きいと思われるケースがみられた。
▼  ▼
個店、主催者、通訳ともに小型電卓携帯と当日の為替レートがいくらであるかの認識は最低限必要。


●観光範囲を超えての自由行動の問題
個人的にタクシーなどで帰船するケースは、最後まで把握できず主催者側に心理的負担もあった。
▼  ▼
範囲境界での警備員に、タクシーへわたす帰船地図などで対処。範囲境界に臨機応変で対応でくる優秀な通訳の配置。


●通訳の質的・経験的問題
1。なるべくお客から遠ざかろうとする通訳
2。顧客から、声をかけられて動く通訳
3。販売まで積極的にする通訳
4。顧客に連れ回される通訳
通訳のタイプは大まかに上記に分類され担当した通訳の質と様々な知識や経験で、配属された各店舗のサービスや売上への影響が顕著である。
▼  ▼
主要なポイントでは中国人通訳と日本人通訳の二人一組体制が望ましい。
日本人通訳が少なすぎるのは一考すべき。


●日本人に対する問題
中国側の対応におわれ、日本人購入客へのサービスがおろそかになるケースもみられた。混乱をさけ、当日、天文館を避けたという日本人のケースもあった。
▼  ▼
日本人専用のレジ


●銀聯カードの問題
個店への銀聯カード(デビットカード)と、クレジットカードの取り扱い方、現金との併用問題は、事前講習へ出席した店舗は問題なかったが、混乱した店舗のケースもあった。
▼  ▼
数回の事前講習会の開催


●想定以上の売りあげのため品不足の問題。化粧品、たばこ、家電など。
▼  ▼
???

●日本側、通り会個店、量販店、大規模小売店舗等、同業種間の問題
観光客の乗降場所、遠い店舗、ちらし等をつかった販促等、受け入れ側店舗同士の問題。
▼  ▼
マクロとミクロの視点をもって


●中国側通関に関する質問問題
くすり、粉ミルク、家電など、関税、など中国人観光客より通関にかんする質問を受けるケース。
▼  ▼
想定問題と想定回答集の作成


●消費税問題
▼  ▼
中国人購買者は、レジーの脇においてレシートと購入商品を確認することがあり、その際、日本の消費税に関しての知識不足からクレームがつくケース。
▼  ▼
事前の、船内やツアー担当者による告知。

====================
※日本側による上海から乗船しての、商品事前販促や日本の商習慣、事前告知も一考かと思う。


その他:中国人富裕層について
[PR]
by ogawakeiichi | 2010-04-28 05:37 | デザイン《取注》

量子ポテンシャル

部分の動きは、全体が決めている?←神の意志?

↓↓↓
アメーバ、信号伝えて結束 
「意思決定は全会一致」

 飢餓状態に陥った単細胞生物のアメーバ(細胞性粘菌)が、互いに空腹の“信号”をやりとりして生き残りに有利とされる集合体になる仕組みを解明したと沢井哲東京大准教授(生物物理学)らの研究グループが23日付米科学誌サイエンス(電子版)に発表した。

 集合は特定の細胞がリーダーとなって号令をかけるのではなく、個々の細胞が出す信号のリズムが偶発的に同調して起きることも判明。沢井さんは「アメーバ社会の意思決定は全会一致の民主主義」と話している。

 アメーバは土の中にすみ、単体の大きさは0・01ミリ程度。飢えると単体で餌を探すのをやめ、集合体として結束する。

 研究グループは、一つ一つの細胞が信号を伝える誘因物質「サイクリックAMP」(cAMP)を放出する様子を、蛍光タンパク質を利用して観察する手法を確立。200個の細胞から成る集団で実験した。

 すると、当初は個々の細胞がばらばらにcAMPを放出していたが、時間がたつとcAMPの濃度が高まった場所で6分間隔の放出が開始。この放出リズムが波のように伝わって集団全体が同調し、その場所を中心に細胞が集合することが分かった。これまでcAMPが集合にかわることは知られていたが、詳しい過程は不明だった。


2010/04/23 03:02 【共同通信
[PR]
by ogawakeiichi | 2010-04-27 14:20 | サイエンス

桂林旅游形象宣传片


↑どうみても、同僚、梁立新の作品だな。。
それにしても、ヤラセ多すぎ。(笑

昨日は、某処で語り部をやった。前市長が真ん前で目を閉じていた。胡蝶の夢でもみていたのだろうか。
[PR]
by ogawakeiichi | 2010-04-26 05:25 | 只記録

貞心尼と良寛

東アジアは儒教と老荘を知らずして語れない。と。。右往左往、渉猟確認していると、良寛がやってきた。

良寛がこっちからあっちへ逝ことしている時分に詠んだ、
良寛の連れ合い、盲目の尼僧・貞心の和歌と良寛の返歌にぶるぶるっ。。

貞心尼
『生き死にの境はなれて住むみにも さらぬわかれのあるぞかなしき』

良寛返歌
『裏を見せ表を見せて散る紅葉』


「生死など気にしない仏道に暮らしているはずなのに、あなたとの別れがつらい」という貞心尼に、良寛は「死と生のごときにその表裏を見せて散る紅葉を御覧なさい、死が終りではないんだよ・・・と」。

良寛の悟境の表明か。←そうだ。これって、タオだし、量子論だよな。
[PR]
by ogawakeiichi | 2010-04-24 11:04 | 只記録

イノベーション

テオリア、プラクティス、ポイエーシスを検索していたら、奥出先生のサイトがやってきた。

そのまえに、テオリア、プラクティス、ポイエーシスを、Mはこう説く

======
テオリアでは神や自然を観相し、プラクシスでは人間の行為の全般を考え、ポイエーシスでは詩人や職人の表現技術を問題にする。そういう学問の計画のための分類領域をつくった。

学問ふうにいえばそういうことになるが、システム工学的あるいは編集工学的にいえば、この3つはそれぞれ3つのOSがあるということなのである。アリストテレスならこの3つのOSをまたぐ思索もしそうなものだが、それはしなかった(そこがアリストテレスを難解にしている原因で、ぼくには柔らかいアリストテレスを発想できる原因だった)。

代わりにアリストテレスは、このそれぞれのOSに乗るキラー・ソフトをいくつか開発するほうに賭けた。それが範疇学(カテゴリアイ)と論理学(ディアレクティケー)と、そして形而上学(メタフィシカ)というものである。

アリストテレスが範疇学を動かすためにあげた編集素は、ぼくには編集工学を構想するときの、いろいろのヒントとなった。
 
翻訳が変かもしれないが、その編集素とは、「実体、量、性質づけ、関係、場所、時、状況、所持、能動、受動」というものだ。なかで場所はローカスである。このローカスからローカルという言葉が生まれる。
 
この編集素は、主語というものがどのように述語づけられるかということの、アリストテレスなりのフックである。ITふうにはさしずめアリストテレス・ブラウザーの10機能といったらいいだろうか。
====



デザイン思考の道具箱で、インタラクティブデザインを紹介したが、鹿児島大学での講義はこの周辺から、フェアトレードブランドのシステム構築へと向かうだろうな。その後はリアルプロジェクトへ、ぜひなだれ込みたい。

それには多国籍合宿スタッフのような得体の知れない自己投企のエネルギーが必要になってくる。今回はここ

歴史は10人の覚悟と5年の歳月で動かせる。吉田松陰の松下村塾なんてたったの2年。

昨今は評論的なデザイナーが多く、その多くが高みの見物。岡目八目さへもなりきれないリスクを引き受けない輩に辟易していたのだが。。。久々にヒット、メンバーか!?。。。

日中友好協会から講演依頼。はい、わかりましたと気軽に返事していたのだが、ところが送られてきた名簿には、来賓・鹿児島市長。特別顧問、小林・原口とある。。あちゃ。

More
[PR]
by ogawakeiichi | 2010-04-22 09:44 | 只記録

フェアトレード関連資料

スターバックスは、たばこをも吸えないし。・・


日本での株式公開も終え、ますます成長基調のスターバックスですが、欧米ではコーヒー農園での低賃金、児童労働をスターバックス社が改善しない、として、反スターバックス・キャンペーンもあるし。。←らしい。。

あった。これか!?→ここ


辻村英之『コーヒーと南北問題』日本経済評論社、2004年)。
一杯のコーヒーその価格構成(概算)。

* タンザニアのコーヒー農家 0.4%(1.7円)
* タンザニアの流通業者・輸出業者 0.5%(2.1円)
* 日本の輸入業者・焙煎業者・小売業者 8.2%(34.4円)
* 日本の喫茶店 90.9%(381円)


しかし、

ここ

ジャン=ピエール・ボリスが『コーヒー、カカオ、コメ、綿花、コショウの暗黒物語』(作品社)で指摘していることですが、「多国籍企業などの外国資本だけが諸悪の根源であるとするような問題の単純化は、あまりにも安易であり、構造の全体像を捉えていないと思われる。

・・・諸悪の根源のすべてが多国籍企業・国際金融機関だけにあるわけではない。生産国側の能力不足、背任行為、当事者の怠慢、国や地方レベルでの結束力欠如といったことも、じつは深刻な問題要因なのである。

映画の文脈に即して具体的に述べれば、不足している学校の建設は、コーヒーの貿易取引から生まれる利益をもとにするのではなく、本来は国が果たすべき責任です。

アフリカの諸国家が腐敗し、大多数の貧困な農業生産者の利益を擁護していないことは、アフリカ研究者からよく聞くことです。ましてや、映画で強調しているように、WTOの会議で<南>側の代表者がその国民の利益を守るために奮闘しているという構図は、正しい事実の反映なのか、大いに疑問があります。

他方、ピースウィンズジャパンと連携して東ティモールのコーヒーを販売し、現地の生産者との交流までも行っている(株)ゼンショーや、FLO(Fairtrade Labelling Organizations International)のラベル付き商品を扱っているイオン、スターバックスのような大企業のフェアトレードをどう評価するのか、という大問題があります(これらは多国籍企業ということで)



でも

「世界中のほとんどのコーヒーは10エーカー(約4ha)以下の小農家により生産されている。コーヒー価格はニューヨークのC市場と呼ばれる取引所で取り決められるが、1989年の国際コーヒー協定破綻以来、1ポンド(約0.45キロ)あたり1ドルをさまよっている。

*1農家が受け取るのは、小売価格10ドルあたり30~50セント。この相場では農家は年間600ドルの収入しかない。しばしば生産コストをも下回り、貧困と借金の悪循環に陥っている。
 
1995年、米国・グアテマラ労働教育プロジェクトのからのプレッシャーを受けて、スターバックスはコーヒー供給業者に向けた行動規準を作ったものの、生産農家についての情報公開を拒否した。

さらに2000年2月、ABCテレビがグアテマラのコーヒー農園での児童労働とひどい低賃金の現状を報道。そしてそのコーヒーがスターバックスにも販売されていることを明らかにした。NPO、学生団体、フェアトレード団体、労働組合、教会団体などは抗議や株主への働きかけを強め、大学内や市庁舎で飲むコーヒーをすべてフェアトレードにするという決定へと広がって行った。

スターバックスも2000年にフェアトレードコーヒーの購入を始め、11月にはコーヒー供給業者が行動規定を守っているかについて情報公開を決めた。しかし、まだこの運動は続いている。持ちかえり用の豆だけでなく、店内で飲むコーヒーにもフェアトレードコーヒーを使うよう、スターバックスにプレッシャーをかけている。

Global Exchangeの関連ホームページ

Organic Consumers Associationのスターバックス関連ホームページ
[PR]
by ogawakeiichi | 2010-04-21 16:33 | 只記録

多国籍合宿

f0084105_18594179.gif


多国籍合宿ポスター desing by keiichi ogawa
アイデア再生。←組長、了解してくだされ。
[PR]
by ogawakeiichi | 2010-04-20 19:00 | 只記録